ドコモ、500Mbps対応、高性能DAC、特殊なカメラ搭載スマホ「V20 PRO」を2月17日に発売へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は15日、LGエレクトロニクス製のAndroidスマートフォン「V20 PRO L-01J」を17日に発売すると発表した。V20 PROは、オーディオとカメラへのこだわりが大きな魅力のスマートフォンで、OSもAndroid 7.0を採用。

<▲図:V20 PRO>

本体価格は84,888円(税込)だが、「月々サポート」を適用した場合の実質負担額は新規契約(MNP含む)の場合で15,552円、機種変更では31,104円となっている(※記事執筆時点での価格)。

V20 PROの特徴は冒頭でも記したし、件名にも入れたが、オーディオ、カメラ、そして通信性能が大きな特徴となる。

通信性能に関しては、LTEの下り最大500Mbpsに対応する。今春モデルの中でも後発の製品だけあり、様々な点で際立つポイントを持っている。

オーディオはESS Technology製の「ES9218」というSoCを搭載する。このSoCには4つのDAC(デジタルアナログコンバーター)が搭載され、低ノイズ、さらには低音量でもクリアな音を再現してくれる。SoC搭載のヘッドフォンアンプとアナログボリュームコントロールによって、大きな音量を出せることも魅力。これによって、大音量で音楽を楽しむ方にとってはスマートフォンや携帯プレイヤーでは使いにくいインピーダンスの高いイヤフォンやヘッドフォンも使える。

また、V20 PROは「Bang&Olufsen」のカジュアルブランド「B&O PLAY」とコラボレーションしていることも特徴。

カメラは背面のメインカメラが変わっている。1600万画素の標準カメラと800万画素の広角レンズカメラを並べて搭載していて、シーンに合わせて切り替えて使うことができる。もちろん前面にも120度の広角レンズのインカメラを搭載する。メインカメラでは4K動画撮影もサポートする。

<▲図:標準レンズと広角レンズを搭載>

もう一点変わった特徴があり、メインディスプレイの上部にセカンドスクリーンがある。アプリのショートカットを置いたりできるので、結構便利かもしれない。

<▲図:セカンドスクリーンでは情報の確認と操作が可能だ>

<▲図:セカンドスクリーンの表示はカスタマイズ可能だ>

ディスプレイは5.2インチサイズでQHD(1440×2560ドット)と高精細な液晶を採用し、プロセッサはQualcomm MSM8996、メモリは4GB(RAM)、ストレージは32GB(ROM)、最大256GBまでのmicroSDXCカードもサポートし、防水防塵仕様でもある。

ボディカラーはチタン1色のみ。職人気質を感じるコダワリのスマートフォンで注目だ。

<▲図:渋いカラーのメタルボディ>

詳細はこちらの記事を参照してほしい。
V20 PROのレポート記事

【情報元、参考リンク】
ドコモオンラインショップ/V20 PRO L-01J製品ページ
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑