スポナビライブが月額1480円に値下げ&フルHD対応。ソフトバンクかワイモバ、Yahoo!プレミアム会員なら月額980円

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクは8日、プロ野球、サッカー(プレミアリーグ、リーガ・エスパニョーラ)、テニス、B.LEAGUE、大相撲、MLBなどいくつかのスポーツ中継を視聴できるスポーツ中継配信サービス「スポナビライブ」の料金を値下げすると発表した。


これまでのスポナビライブはソフトバンクの携帯電話ユーザーかどうかで料金が大きく変わるのが特徴で、ソフトバンクユーザーなら月額500円、そうでない場合は月額3,000円だった。ところが、通常料金が月額1,480円に値下げとなる。

ソフトバンクユーザーの場合、解像度がHD版のサービスであれば3月15日までに申し込まれた分に関しては、これまで通り月額500円で利用できる。

一方、今回の料金改定は3月16日からであり、それに伴い、より高解像度のフルHD版サービスも提供される。このフルHD版サービスを視聴したい場合はソフトバンクユーザーも月額980円のサービスに切り替える必要がある。

また、ワイモバイル、「Yahoo!プレミアム」の会員も月額980円で利用できる。以前はソフトバンクユーザーしか割引されなかったが、今後はワイモバイルとYahoo!プレミアム会員も割引特典を享受できる。

まとめると、3月16日よりフルHD版のサービスの提供が始まり、一般ユーザーは月額1,480円で利用でき、ソフトバンク、ワイモバイル、Yahoo!プレミアムの会員は月額980円で利用できる。そして、ソフトバンクユーザーは3月15日までの申し込み分に限り、月額500円でHD版サービスも利用できる。

なお、2月8日にNTTドコモがスポーツ中継配信サービス「DAZN for docomo」の提供を発表したが(こちらの記事参照)、DAZN for docomoとスポナビライブでは配信コンテンツが異なるので、視聴したいコンテンツで選べばいいだろう。

他にもサービス改善として、スポナビライブでは3月16日以降、Android TV、Amazon Fire TVなどの機器もサポートしていくということだ。加えて、最大4台までの機器での同時視聴も可能になるということで、家族がそれぞれ別のスポーツを同時間帯に視聴する、ということもできるようになる。

【情報元、参考リンク】
スポナビライブ
ソフトバンク/プレスリリース
Google Play/スポナビライブ
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑