ドコモ、らくらくスマートフォン4 F-04Jを2月10日発売

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は7日、「らくらくスマートフォン」シリーズの最新モデルとなる「らくらくスマートフォン4 F-04J」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を10日に発売すると発表した。らくらくスマートフォン4は発表当初は3月発売予定とされていたが、実際にはそこまで待たずに登場することになった。

<▲図:らくらくスマートフォン 4 F-04J(写真はモック)>

らくらくスマートフォン4 F-04Jは、昨年ドコモが開催した新製品発表会の時にはプレス用のデモ機が用意されておらず、外観のみを確認できるモックの展示にとどまっていた。そのため、GAPSISでも実機レポートをお届けできなかったが、カラーバリエーションはホワイト、ブラック、ピンクの3色。

そして、ハードウェアにおいて他の一般的なスマートフォンと大きく異なる点の一つにディスプレイが挙げられる。

ディスプレイのサイズは4.5インチで、これは最近のスマートフォンには見られない小型サイズ。4.7インチのディスプレイを搭載する機種などはあるが、4.5インチはより小さく貴重だ。筆者の個人的な考えでは片手持ちで多くの人がほぼストレスフリーで扱える限度は4.5インチ前後だと思うので、このサイズは操作性の面では嬉しい。

ディスプレイの解像度は1280×720ドットだが、4.5インチなら画面が小さいこともあって精細だ。しかも、らくらくスマートフォン4のディスプレイは有機ELなので、発色、コントラストにも優れる。また、逆に画面が小さすぎて見にくい、という可能性もあるが、その場合はズーム(拡大)表示などもできるのでカバーできるはずだ。

<▲図:背面には1310万画素のカメラを搭載。ホワイトはマット仕上げだ>

綺麗に撮れる約1310万画素のメインカメラや約500万画素のインカメラ、高音質での通話可能なVoLTE対応など、この辺りも進化している。

音声通話に関しては、VoLTEだけでなく、「スーパーはっきりボイス」にも対応し、クリアで聴きやすい音で通話ができる。

しかも、らくらくスマートフォンシリーズとはいえ、Google Playからのアプリのダウンロードにも対応するので、自分で色々なアプリを追加インストールできる。この点は賛否あるだろうし、逆に制限してくれた方が使いやすい、と思う方もいるだろうが、後からアプリをインストールする可能性がある方にはいい。一方、制限してほしい、と思う方には向かないだろう。ちなみに搭載されているOSはAndroid 6.0だ。

防水・防塵仕様で、米国国防総省の調達基準MIL-STD-810Gの14項目の試験をクリアするタフネスボディなので、落としたり、雨で濡れたり、砂や埃がついたり、料理の際に水がかかったり、飲食の際に飲み物をこぼしたり、といった様々なトラブルにも安心だ。

無料のらくらくホンセンターの利用なども可能で、らくらくスマートフォンシリーズもかなり完成度が高まってきたので、オススメ機種の一つだ。

【情報元、参考リンク】
ドコモオンラインショップ/らくらくスマートフォン4(F-04J)製品ページ
ドコモオンラインショップ
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑