かなり嬉しい!伊藤園の自販機とタリーズコーヒーがポケモンGOのポケストップとジムに!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
伊藤園、米Niantic, Inc.、ポケモンの3社は10日、スマートフォン向けの位置情報ゲームアプリ「Pokémon GO」(以下、ポケモンGO)におけるパートナーシップ契約を締結したと発表した。

<▲図:伊藤園の自販機やタリーズコーヒーがポケモンGOで登場>

今回の契約によって、伊藤園の自動販売機、タリーズコーヒー店舗(※タリーズコーヒージャパンは現在伊藤園の子会社)の合計2,000ヶ所以上が新たにポケモンGOの「ポケストップ」や「ジム」としてゲーム内に登場する。特に自販機が加わるのは筆者のように家の近くにポケストップが少ない郊外在住のプレイヤーには嬉しいはず。

より具体的に紹介すると、伊藤園の災害対応自動販売機などの自動販売機約1,800台と、タリーズコーヒーの約200店舗がポケストップかジムになる。そして、今後さらに対応自動販売機とタリーズコーヒーの店舗は増えていく予定。

災害対応自動販売機というのは聞きなれない言葉だが、風水害、地震など様々な大規模災害時に停電となった際、支援物資として飲料の提供が可能な自動販売機のことをいう。

これは日頃から地震が多い日本だけに、ポケモンGOの話を抜きに全ての人が覚えておいた方がいいことだろう。災害対応自動販売機は伊藤園だけに限らず、コカ・コーラやダイドードリンコなど各社が導入している。

停電になった時にどのように無料で飲料を提供するのかというと、非常用電源で運転する。そして、非常時用のモードへの切り替えは遠隔操作や手動操作などで行う。この辺りはメーカーによっても自動販売機の機種によっても異なるようだ。

大規模災害時、飲料に困った時、自動販売機に行けば入手できる可能性があるので、そのことは覚えておきたい。

さて、話を本題に戻すと、今回、伊藤園の自動販売機とタリーズコーヒーがポケストップ及びジムになったわけだが、3社のパートナーシップ契約はそれだけにとどまらない。

伊藤園とタリーズコーヒーでは、コラボレーションキャンペーンや魅力あるサービスの提供を検討する、としているので、今後、面白いキャンペーンやサービスが登場するかもしれない。期待して待ちたい。

【情報元、参考リンク】
伊藤園/プレスリリース
Google Play/ポケモンGO
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑