dTVがVRゴーグルを60万個無料配布!ウォーキング・デッドVRなどのVR作品も続々配信!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
エイベックス・デジタルは1日、動画配信サービス「dTV」においてVR(バーチャルリアリティ)のさらなる強化を行うことを明らかにし、それに伴うキャンペーンや配信コンテンツなどを発表した。

<▲図:60万個用意されたVRスコープ>

まず、dTVのユーザー向けに全国のドコモショップでdTVオリジナルのVRスコープ(VRゴーグル)が60万個無料で配布される。これは1日から開始されているので、dTVのユーザーでVRゴーグルが欲しい方はぜひ入手のためにドコモショップに立ち寄ってみよう。在庫が無くなり次第、配布は終了となる。

このVRゴーグルにはdTV公式キャラクターであるナマケモノをモチーフにした「メンドーサさん」がプリントされている。

そして、気になるのはVRコンテンツだが、すでに音楽ライブを中心とした40本を超えるVR作品が配信されているので、それらを視聴できるのはもちろん、今後さらにコンテンツが追加される予定だ。

例えば、人気海外ドラマ「ウォーキング・デッド」シリーズ初となるVR作品「FOX ウォーキング・デッドVR ver.」が配信されている。

ウォーカーと呼ばれるゾンビの大群に取り囲まれるような感覚を体験でき、さらには、思わず目を背けたくなるような映像を臨場感たっぷりで体験できるという。そもそもウォーキング・デッドのようなゾンビものが苦手な方は視聴しない方がいいと思うが、ウォーキング・デッドのファン、ゾンビものなどが好きな方には貴重なコンテンツだろう。

また、「PPAP」で一躍人気となったピコ太郎さんのVRミュージックビデオなども順次配信される予定。

<▲図:ピコ太郎さんのVRコンテンツも楽しめる>

他にも展開があり、ドコモスマートフォンラウンジ名古屋に期間限定でのVR体験ラウンジがオープンする。開設期間は2月4日から19日の約2週間。

「ウォーキング・デッド」とのコラボレーションで、同作の舞台をモチーフにしたフォトブースが用意されている。さらに、ゾンビフィギュア、名シーンのパネル展示なども用意されている。VR体験した先着5,000名のdTVユーザーには、「ウォーキング・デッド」とコラボしたオリジナルVRゴーグルが配布される。

なお、dTVのVRコンテンツはdTV VRアプリで視聴できる。

アプリは下記のリンク先からダウンロードできる(※アプリは「NTTドコモ」からの提供)。



【情報元、参考リンク】
dTV
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑