ディズニーモバイル新スマホ「DM-01J」が2月9日に発売

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は7日、ディズニーモバイルの新機種「Disney Mobile on docomo DM-01J」(シャープ製)を9日に発売すると発表した。DM-01Jのベース機種は同じシャープ製のスマートフォン「AQUOS EVER SH-02J」。そのSH-02Jにディズニーモバイルならではの様々な要素が加えられていて、ディズニーファンには嬉しいスマートフォンとなっている。

<▲図:動くディズニー壁紙が楽しいDM-01J>

DM-01Jは、東京ディズニーシー15周年に合わせた水の魔法をテーマにしたコンテンツを収録する点も魅力だ。

ハードウェアの主なスペックは、約5.0インチHD(720×1280ドット)IGZO液晶、CPUはオクタコアのQualcomm MSM8937、メモリは2GB、ストレージは16GBで、外部メモリは最大でmicroSDXC 256GBまで対応する。ストレージ容量が少ないのはやや不足に感じる方もいるかもしれないが、ゲームアプリを複数同時インストール/プレイするような使い方でなければ問題ないだろう。

ちなみに数値で言うと、ストレージの残量は約7.49GB(※これは発表会展示機での話なので、実際には異なる可能性もあるのであくまでも参考値としてください)なので、写真や動画に関してはmicroSDカードに保存するようにしたい。

<▲図:設定画面でメモリと内部ストレージを表示>

ボディは防水・防塵仕様で、LTEは下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsをサポートし、VoLTEにも対応する。おサイフケータイ、指紋認証センサーによる生体認証もサポートしている。

<▲図:ヒカリエモーションは、LEDの光にあわせて多彩な画面エフェクトも搭載>

外観上面白い特徴として、ミッキーの形をしたLEDを使った「ヒカリエモーション」がある。ホームキーの形状もディズニーらしい。背面にもイラストがプリントされているが、さりげないものだ。また、ホーム画面で背景に表示されるコンテンツは、端末の角度を上下に変えると、ミッキーからドナルドの船に切り替わる仕掛けが施されているなど凝っている。

<▲図:背面にはミニーとミッキーのイラストプリント>

メインカメラは約1,310万画素で、サブカメラは約500万画素。カメラ周りでは、ディズニーシーの15周年にあわせて、ディズニーシーで撮影するとディズニーサプライズ日付フレームが現れるという要素もある。

<▲図:メインカメラとして約1,310万画素のカメラを搭載>

DM-01Jのパッケージには、スワロフスキーを使用したディズニーオリジナルカバーが付属する。

その他、シャープ製スマートフォンならではの人工知能「エモパー」の最新版も搭載されている。DM-01Jは、ディズニーキャラクターと合わせて長く楽しめるスマートフォンとなっている。

詳細レポートはこちらの記事を参照してほしい。

【情報元、参考リンク】
ドコモオンラインショップ/Disney Mobile DM-01J製品ページ
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑