WiMAX 2+の下り最大440Mbps対応ホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01」が2月中旬に登場へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDI、沖縄セルラーは11日、都内で新商品発表会を開催し、今春向けモデルのスマートフォン3機種、フィーチャーフォン1機種などを発表したが、ラインナップの一つとして「WiMAX 2+」の下り最大440Mbpsに対応したホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01」(ファーウェイ製)も含まれている。


auからは同じく下り最大440Mbps対応のモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04」も発表されており、今回、WiMAX 2+関連機器は2機種が用意された。

自宅でWiMAX 2+を利用する場合、モバイルWi-Fiルーターでも構わないが、ホームルーターの場合は同時接続できるWi-Fi機器の台数が多いことが大きな違いとなる。自宅で使う場合、特にファミリーユーザーの場合はスマートフォンの台数も家族分あったり、パソコン、タブレット、テレビ、プリンタ、ゲーム機と、意外とあっという間に10台を超える。そうした場合、モバイルWi-Fiルーターでは賄えない可能性があり、ホームルーターの出番となる。

今回登場するSpeed Wi-Fi HOME L01の場合は、最大で40台のWi-Fi機器の接続ができるので、Wi-Fi機器が増えてきた昨今の状況にも対応できる。

ただし、内訳は2.4GHzが20台、5GHzが20台なので、その点には注意が必要だ。最近のスマートフォンやタブレット、パソコンは5GHzに対応しているものが多いので、それらは5GHzに繋ぐ方がいいだろう。

対応するモバイル通信はWiMAX 2+とau 4G LTEで、WiMAX 2+では下り最大440Mbpsに対応する。下り最大440Mbpsは現状では利用可能エリアが東名阪に限られるが、2月1日以降、順次全国展開されるため、現在エリア外の方もいずれ下り最大440Mbpsのエリアに入るはずだ。

また、au 4G LTEではプラチナバンドの800MHzに対応するほか、キャリアアグリゲーションに対応するので下り最大225Mbpsでの通信が可能だ。

本体サイズは約180×93×93mmで、重さは約493g。

Wi-Fiのほか、有線LANポートが2ポート用意されている。

【情報元、参考リンク】
KDDI/プレスリリース
UQ WiMAXオンラインショップ
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑