【島田純のMobile×Travel】第83回:スマホを片手にLCCで香港! 香港エクスプレスのモバイル搭乗券を試す

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
香港のLCC(Low Cost Career)「香港エクスプレス」のモバイル搭乗券を使って香港へと旅をしてみました。

<▲図:香港エクスプレス「モバイル搭乗券」で香港へ>

香港エクスプレスのモバイル搭乗券は、その名の通りスマートフォンなどに表示されるQRコードを搭乗券として使えるもので、受託手荷物(預入手荷物)が無ければ、チェックインカウンターに寄らずに、直接荷物検査場に進んでセキュリティチェックを受け、そのまま出国することができます。

モバイル搭乗券を使って搭乗するためには、事前にオンラインチェックインにてチェックイン手続を終えることと、モバイル搭乗券の表示が可能なスマートフォンなどを所持している必要があります。一連のオンラインチェックインおよびモバイル搭乗券の取得には、香港エクスプレスのスマートフォン向けアプリを利用するのがスムーズです。

<▲図:モバイルアプリでのチェックイン、
モバイル搭乗券の保存・表示が可能>

香港エクスプレスのオンラインチェックインは、出発時刻の48時間前から90分前まで利用可能です。

日本国内から香港へ出発する場合や、香港から日本国内へ向かうフライトはオンラインチェックイン&モバイル搭乗券による搭乗が可能となっていますが、幼児連れの場合および搭乗に際してお手伝いが必要となる場合は、オンラインチェックインが利用ができなくなっている点には注意が必要です。

オンラインチェックイン&モバイル搭乗券を活用すると、チェックインカウンターでの行列を気にすることなく搭乗手続を終えられるため、空港でのチェックインカウンターでの待ち時間を気にする必要が無いのが大きなメリット。荷物検査や出国審査時には、スマートフォン上に表示されるモバイル搭乗券を提示して各種審査を受けることができます。

香港エクスプレスは羽田空港を深夜・早朝に出発するフライトも設定されており、滞在時間が少ない、いわゆる「弾丸旅行」も組みやすくなっていますので、機内持込荷物だけで香港旅行を計画する方も少なくないでしょう。オンラインチェックイン&モバイル搭乗券での搭乗は、弾丸旅行にも強い味方です。

羽田空港を早朝06:35に出発する「UO 625便」を例に紹介すると、香港エクスプレスのチェックインは出発時刻の1時間前までに設定されているため、通常であれば05:35にはチェックインカウンターでの手続が終了、遅くともこのタイミングまでにチェックインを完了させる必要があります。

<▲図:香港エクスプレスの羽田早朝便UO 625便
セール価格で安くなることも多い>

私の場合は、早朝05:35に羽田空港に到着するためには、国土交通省とバス会社の実証実験として運行されている深夜・早朝バス(新宿・横浜・秋葉原方面など)を利用する以外には電車・バスでのアクセスは難しく、基本的には羽田空港や近隣の宿泊施設への前泊が必要となってしまいますが、事前のオンラインチェックインおよびモバイル搭乗券を使った搭乗を活用することで、06:00前後に羽田空港国際線ターミナルに到着する電車で移動しても、何とか搭乗に間に合わせることができました。

もちろん、スケジュール的にはかなりギリギリのタイミングでの到着となるので、事前にオンラインチェックインを行ってモバイル搭乗券を準備しておくだけでなく、空港到着後は一目散に荷物検査→自動化ゲートにて出国を行うなど、空港での手続待ち時間を極力減らす工夫をする必要がありますので、慣れていない方にオススメすることは難しいのですが、「そんな方法もある」と覚えておくと、助かることがあるかもしれません。

<▲図:香港エクスプレスのチェックインカウンターが既にクローズ、
ANAのカウンターとして運用されていた>

なお、羽田空港では香港エクスプレスのモバイル搭乗券を使った搭乗時、最終的には搭乗口でパスポート情報を参照した上で紙の搭乗券が手渡されるため、完全に「チケットレス」で香港まで移動することはできませんでしたが、香港発のフライトではモバイル搭乗券のみで飛行機に搭乗することができ、完全に「チケットレス」で日本へ戻ることができました。

日本国内ではコンビニエンスストアなどでもプリンターを利用するサービスが提供されているため、「搭乗券が印刷できずに困る」ということはあまり無いかと思いますが、慣れない海外滞在中には搭乗券の印刷が意外に面倒だったり、紙で管理するのを手間に感じることも。そう言った管理の煩わしさから解放されるのもモバイル搭乗券を利用するメリットで、国内線・国際線共に利用できる航空会社・空港の増加に期待したいと思います。

■関連リンク
モバイルアプリへようこそ! | HK Express


記事執筆者プロフィール
島田純
ブロガー/フリーライター
Twitter:@shimajiro、ブログ:shimajiro@mobiler

ブログとモバイルと旅が好きなフリーランスのブロガー/ライター。
モバイルWi-Fiルータやデータ通信関連が得意です。

「島田純のMobile×Travel」の他の記事はこちら
本コラムは毎月第1・第3火曜日更新予定!
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑