【一条真人的Androidライフ】第107回:組み合わせて良い物、悪い物

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
最近、妙なカップ焼きそばが増えている。夏になると塩味が出てくるとか辛口なものが出てきたりするのはもはや普通すぎる感じで、わかめMAXとかチョコとかケーキとか、これは一体どういうことなんだろう? と悩んでしまう。実にダイナミックだ。

<▲図:意外に醤油味にマッチするわかめ>

わかめMAXは健康に良さそうなので、普通に売って欲しい感じだが、チョコと焼きそばでは、どうマッチングするんだろう? 話題性とか、バレンタインとの関連性などで、そこそこ売れてしまうのかもしれない。

しかし、カップ焼きそばとかカップラーメンというのは同じモデルを長年売り続けるので、そのような冒険的なことをしたがるのは分からなくもない。

これに対して、スマートフォン市場はどうなんだろう?

最近の大手通信キャリアの発表会などを見ていると、今後の日本のスマホの主戦場はSIMフリースマホ、MVNOに行ってしまうのではないか? という気がしてしまう。

大手通信キャリアはそこにアドバンテージを提供できないでいる。「スーパーフライデー」とか言って、金曜日に何かをプレゼントするよりも、根本的に料金が安い物がいいとユーザーが考えれば、止めることはできないだろう。

auの春の発表会を見ると、SIMフリースマホでは出しにくいような付加価値を持ったハードウェアが多かった。しかし、それは逆に真っ向からぶつかる勝負をすれば、料金で差をつけられて敗北する可能性があるということだろう。

僕は真っ向から勝負すれば負けるというのなら、そもそも大手通信キャリアには勝ち目がないのではないか? と思う。

というわけで、2017年はSIMフリースマホ、MVNOがまた一段と飛躍する年になるんじゃないか? と予想している。

色々組み合わせるにしても、個人的には、「わかめMAX」なら妥協できるが、ケーキ味は僕には許容できないし、多くのユーザーもそうなんじゃないかと思う。


記事執筆者プロフィール
一条真人
ITジャーナリスト
Twitter:@ichijomasahjito、Facebook:masahito.ichijo
ブログ:一条真人メモ

クラウドサービスからスマートデバイス、デジタルAVまで、デジタル関連のアイテムが大好き。「ハッカー」(日本文芸社)、「PCプラスワン」(笠倉出版)などパソコン雑誌の編集長を経て、小説なども出版して現在にいたっています。PC、IT関連の本は50冊以上書かせてもらいました。スマートフォンは初代Xperia(あまりに美しいデザイン!)、iPhoneなど数機種使っています。

「一条真人的Androidライフ」の他の記事はこちら
本コラムは毎月第2・第4火曜日更新予定!
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑