流星をリアルタイム検知!スマホとTVが連動した流星体験ができる「流星放送局」登場!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDI、BSジャパン、バスキュール、HAROiDの4社は1日、日中や街の夜空ではなかなか見ることが難しい流星をより多くの人に楽しんでもらうことを目的とした「流星放送局」を開局し、15日まで提供すると発表した。


このサービスは4社の協力で実現したもので、KDDIも入っているが、auのスマートフォン限定のサービスではなく、NTTドコモやソフトバンクなど他社のスマートフォンでも利用できるので、流星に関心がある方はチェックしてみよう。

まず、12月1日から15日まで、流星を体験できるWebサイト「流星放送局」がオープンしている。Webブラウザからアクセスできる。
流星放送局

流星放送局では、日本中域の上空に出現した流星をスマートフォンやテレビを通じてリアルタイムに把握することができ、さらにはスマートフォンを空にかざすことで河口湖の星空のライブ映像と共に流星を体験することができる。

また、流星放送局のWebサイト上では、期間中に流星を発見したり、願いを投稿するなど、流星と連動した企画に参加することで、テレビ共通ポイント「CHARiNポイント」を得ることができるようになっている。このポイントを獲得し、貯めることで特別なプレゼントに応募することもできる。

協力会社にBSジャパンが入っているが、同社は「ふたご座流星群」のピークに近い12月13日20時から特別番組「流星放送局〜ふたご座流星群LIVE」を河口湖ステラシアターから生放送する。番組MCは俳優のムロツヨシさん、テレビ東京アナウンサーの紺野あさ美さんが務める。

流星検知システムによるこれまでの観測状況では、1時間におよそ5-7個の流星が検知されているとのこと。しかし、ふたご座流星群当日は通常時の5-10倍程度の流星を検知できると予測されており、流星を見ることができる確率がかなり上がる。

生放送の間、流星を検知するたびに番組テロップで通知すると同時に、番組の画面上に、視聴者から投稿された願いのいくつかを流星のように表示するという演出も行われる。

【情報元、参考リンク】
流星放送局
KDDI/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑