DMMモバイルが新製品のHUAWEI Mate 9を発売記念で700台限定11000円割引!!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
DMM.comは15日、翌16日に発売となるファーウェイ・ジャパンの新型ハイエンドスマートフォン「HUAWEI Mate 9」(ファーウェイ メイト ナイン)を台数限定で11,000円値下げ販売すると発表した。


Mate 9の通常価格は60,800円だが、11,000円の値下げで49,800円での販売となる。ただし、前述したように台数限定かつ一括払いでの提供。Mate 9のカラーバリエーションはシルバーとゴールドの2色で、各色350台ずつ合計700台限定での割引セールとなる。

また、期間も2017年1月16日までと限定されている。

キャンペーンの詳細は次の通り。

期間中に新規契約もしくは端末購入、SIM追加でMate 9を購入した方を対象とする。割引特典に加えて、新規で通話SIMプランを契約した方には、3,000円分のDMMポイントもプレゼントされる。合計すると最大で14,000円分お得だ。

Mate 9の詳細はこちらのレポート記事を参照してほしいが、ここでも概要を紹介したい。

<▲図:Mate 9>

現在のファーウェイのフラッグシップスマートフォンといえば、5.2インチのフルHDディスプレイを搭載した「HUAWEI P9」だが、今回新たに登場するMate 9は5.9インチのフルHDディスプレイを搭載する。

基本的にサイズが異なるので、住み分けができるはずだが、基本スペック・機能の向上があるので、よりハイエンドの機種がいい、という場合にはMate 9になる。

<▲図:Mate 9ではダブルレンズは縦に並ぶ>

P9に続いてLEICA(ライカ)監修のダブルレンズカメラを搭載することが大きな特徴だが、まずこのカメラが進化している。P9では1,200万画素のモノクロセンサーと1,200万画素のRGBセンサーの組み合わせのダブルレンズカメラだが、Mate 9ではRGBセンサーの画素数が2,000万画素に引き上げられている。

カメラUIにも手が加えられ、少し使いやすくなっている。

<▲図:後から絞りを変えてピント位置とボケを調整できる
ワイドアパーチャ機能の画面>

そして、新機能として光学2倍相当のズーム効果を得られる「ハイブリッドズーム」を搭載する。P9でもズームは可能だがデジタルズームなので、拡大すると粗くなってしまうのが難点。ハイブリッドズームも正確には光学ズームではないが、画質の劣化が少ない分、純粋なデジタルズームより進化している。

OSはAndroid 7.0で、メモリは4GB、ストレージは64GB、CPUもKirin 960と、基本的な処理能力も向上している。

ただし、もちろんだがP9よりもボディが大きく、約156.9×78.9×7.9mm、重さ約190gと比較的大柄なので、大き目のスマートフォンを望む方向けの機種となるだろう。とはいえ、P9の時点で体感パフォーマンスは極めて高く優秀だったので、Mate 9がそれを上回るパフォーマンスとなると、非常に魅力的な製品に仕上がっていそうだ。

ちなみに筆者はDMMモバイルを個人的に利用しているが、速度も数Mbpsから良い時では20Mbps超と速く、DMMモバイルも結構オススメだ。

【情報元、参考リンク】
DMMモバイル
ファーウェイ公式通販サイトVモール
Amazon.co.jp/Mate 9
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 2 件
  1. 匿名

    DMMは一括のみと記載するべきでは?

    2016年12月16日 9:36
  2. gravatar

    ご指摘ありがとうございます。一括払いに関する記述を追記しました。

    2016年12月19日 17:35

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑