ワイモバイル、スマホとタブレットのデータ量を分け合えるシェアサービスを提供へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンク及びウィルコム沖縄は2日、「Y!mobile(ワイモバイル)」のスマートフォン向けの料金プラン「スマホプランS/M/L」と、タブレット向けの料金プラン「データプランS」で利用することが可能な、データ通信量をスマートフォンとタブレットで分け合えるシェアサービスを2017年春以降に提供すると発表した。


現在のY!mobileでは、スマートフォンとタブレットを両方使っているユーザーの場合、それぞれで加入した料金プランで定められたデータ量を個別に使うことになっている。例えば、スマートフォンで「スマホプランM」、タブレットで「データプランS」に加入している場合は、スマートフォンでは月間で3GBまで、タブレットでは1GBまで、という形で、仮にスマートフォン側のデータ量が余ったとしてもタブレット側でそれを使うことはできない。

しかし、来春以降に導入予定のシェアサービスを使えば、この例の場合で言えば、スマートフォン側の3GBとタブレット側の1GBを合わせた4GBをスマートフォンとタブレットで共有できる。そのため、料金プランに定められたデータ量を無駄なく利用できるようになる。

タブレットは家での利用が中心で基本的にはWi-Fiしか使わない、というのであれば、タブレット側の1GBはほぼ丸々余るはず。となると、それに合わせてスマートフォン側の料金プランを「スマホプランM」から「スマホプランS」に切り替える、ということもシェアサービスを利用すれば検討できるはずだ。上手くいけば月々の運用費を下げることもできるかもしれない。

また、シェアサービスの提供開始に先立って、「データプランS」の月間データ量を1GB増量する「データプランS増量キャンペーン」が11月3日から開始される。

このキャンペーンでは、期間中に「データプランS」に加入すると、2017年3月まで同プランで利用できる月間データ量が毎月1GB増量される。

【情報元、参考リンク】
Y!mobileオンラインストア
ソフトバンク/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑