au、音へのこだわり&デュアルカメラ搭載スマホisai Beatを11月18日発売。キャンペーンも実施!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDI、沖縄セルラーは14日、「isai」シリーズ5代目となる最新モデル「isai Beat」(LGエレクトロニクス製)を18日に発売すると発表した。

<▲図:isai Beat>

isai Beatはオーディオとカメラに特にフィーチャーした機種で、オーディオ面ではデンマークのオーディオ・ビジュアルメーカー「BANG & OLFSEN」のブランド「B&O PLAY」とコラボレーションしていること、カメラでは「デュアルカメラ」を採用していることが大きな特徴だ。

<▲図:B&O PLAYとコラボレーション>

D/Aコンパーターを4つ搭載する「Quad DAC」でノイズを50%低減し、鮮明な音質を実現したとされること、幅広いハイレゾ音源規格(FLAC、ALAC、WAV、AIFF、DSD)に対応すること、接続するイヤホンやヘッドホンに合わせて自動で音声出力を最適化できることなどがオーディオ面での特徴で、ナチュラルでバランスの取れたサウンドを楽しめるという。

さらに、音量調整を75段階でできることも日常使う上では便利かもしれない。

カメラではメインカメラに2つのカメラを採用する「デュアルカメラ」を搭載。最近、いくつかのメーカー、機種でこうしたデュアルレンズカメラの採用が続いているが、2つのレンズ・2つのセンサーを使うことで、画質だけでなく、機能面でも独自の特色を出せる。

一言でデュアルカメラといっても機種によってレンズ・センサー構成が異なるが、isai Beatでは、約1,600万画素の標準カメラと約800万画素の広角レンズカメラの組み合わせ。これによって2通りの撮影を楽しめる。LEDフラッシュもデュアル仕様で、明るく自然な色合いで撮影できるという。

isai Beatのスマートフォンとしての基本的な仕様を確認しよう。

OSはAndroid 7.0。「Nexus」シリーズを除く一般的な機種で日本市場でここまで早く最新バージョンのAndroidを搭載するスマートフォンが投入される例は珍しく、この点だけでもisai Beatは魅力的だろう。

Android 7.0では、OSレベルで「マルチウィンドウ」機能を搭載している。これは、2つのアプリの画面をディスプレイに同時表示して扱える機能で、パソコンライクなマルチ作業をスマートフォンでもできる。さらに、Android 7.0では省電力機能「Doze」が強化され、バッテリーの持ちが改善されている。isai Beatでは、それらAndroid 7.0の改善の恩恵を受けられる。

ディスプレイは約5.2インチで、本体サイズは約72×149×8.0mm、重さは約146g。5.2インチは現在のスマートフォン市場のメインストリームで、男女問わず、それなりに扱いやすいサイズだ。

メモリ(RAM)も4GBと大きく、ROMも32GBと十分。microSDカードも最大256GBまでのmicroSDXCをサポートするので、ハイレゾ音源の楽曲を大量に持ち運びたい方や、写真や動画をよく撮影する方でも安心だろう。

さらに、ネットワークでは下り最大370Mbpsに対応し、ワンセグ/フルセグ対応、おサイフケータイ対応、防水・防塵対応と、現時点で欲しい機能をほぼ全て網羅する。

KDDI/沖縄セルラーは、このisai Beatに関するキャンペーンも実施する。

isai Beatを購入の上、キャンペーンサイトから応募した方全員に「B&O PLAY H3イヤホン」またはauの「うたコイン」7,000円分がプレゼントされるほか、抽選で100組200名をisai Beat主催のプレミアムライブに招待する。
キャンペーンサイト

【情報元、参考リンク】
au Online Shop
KDDI/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑