SoftBank向けXperia XZもドコモ、auと同日の11月2日発売

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクは31日、SoftBank向けの新製品として「Xperia XZ」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を11月2日に発売すると発表した。Xperia XZはXperiaシリーズの最新フラッグシップモデルとして今冬、通信各社からリリースされるが、発売日はNTTドコモ(以下、ドコモ)、au(KDDI/沖縄セルラー)と同日となっている。

<▲図:Xperia XZ>

通信3社でXperia XZの基本的な部分は変わらないが、異なるのはロゴの内容と位置などのほか、対応する通信サービス及びその最大速度などとなる。

例えばドコモ向けではドコモのPREMIUM 4Gの下り最大500Mbpsに対応し、au向けでは下り最大370Mbps、そしてSoftBank向けでは下り最大350Mbpsに対応する。

Xperia XZは、カメラの進化、バッテリー/省電力性能及び充電周りでの進化など、いくつかの点での魅力的特徴がある。

まずはカメラだが、今回のXperiaでは、新たにレーザーオートフォーカスと、オートホワイトバランスの精度に効果を発揮する「RGBC-IRセンサー」を搭載している。レーザーオートフォーカスは、暗所で役に立ち、RGBC-IRセンサーは、ホワイトバランスを精度よく行ってくれるため、自然な色合いでの写真撮影がしやすくなる。

また、バッテリー周りに感sては、まず、米Qnovo社との共同開発で、バッテリーにかかる負荷を軽減する充電最適化技術を搭載している。さらに、ユーザーの生活習慣に合わせて充電速度を調節する「いたわり充電」も搭載する。これらによって、バッテリーの長寿命化を実現。そして、待ち受け時間を長くする「STAMINAモード」も実用性を増し、急速充電規格の「Quick Charge 3.0」にも対応する。

オーディオ面も相変わらずの魅力で、ハイレゾ対応、デジタルノイズキャンセリング対応のダブル対応に加え、DSEE HX搭載、LDAC対応と十分。

基本的に今のスマートフォンとして必要な機能は全て網羅しているだけに、万人にオススメできる機種だ。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンクオンラインショップ
ソフトバンク/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑