SoftBankも4Gケータイ向けにライトプランを発表。全部込みで月額1500円から

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクは20日、SoftBankの4Gケータイ向けに新料金プランのスマ放題「通話定額ライト基本料(ケータイ)」と、月額0円から利用できる2段階制のデータ定額サービスの上限を4,500円から4,200円に改定すると発表した。NTTドコモ(以下、ドコモ)、au(KDDI/沖縄セルラー)に続いて発表された形。

まず、「通話定額ライト基本料(ケータイ)」は月額1,200円で、1回5分以内の国内通話が回数制限なく掛け放題というプラン。5分を超えた分には30秒あたり20円の通話料がかかる。

そしてデータ定額サービスは、月額0円スタートで、2.5GBまでの高速データ通信ができ、上限が4,500円という「データ定額S(4Gケータイ)」「パケットし放題S for 4Gケータイ」の上限が4,200円に値下げされる。

すでに利用中のユーザーは10月28日以降、自動的に切り替わる。

0円では500KBまで利用でき、500KBを超えてから2.5GBまでは1KBあたり0.04円のレートで課金され、上限は4,200円となる。そして、2.5GBを超えると最大128kbpsの速度制限がかかる。

月額300円のインターネット接続サービスを合わせた合計料金は最低で月額1,500円になるので、4Gケータイを1,500円からで運用できることになる。

基本的な部分はauのプランと同じだが、データ定額サービスで上限に達するまでの間の課金レートがドコモ及びauと異なる。ドコモとauは1KBあたり0.03円だが、SoftBankは0.04円と少し高い。そのため、500KB以上2.5GB未満のデータ量の場合、SoftBankの方がやや高くなる。

とは言え、3社ほぼ横並びで、LTE対応ケータイも安価に運用できる環境が整うことになる。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンク/プレスリリース(PDF)
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑