ソニー系で新しい格安SIM「nuroモバイル」スタート。2GBで700円。+1GB毎に+200円のシンプルな料金体系

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソニーネットワークコミュニケーションズは9月30日、LTEデータ通信SIMサービスのラインナップをリニューアルし、新たなサービスブランド「nuroモバイル」での提供を1日より開始すると発表した。


新サービスとなったnuroモバイルではシンプルな料金体系を採用。月額700円で月間の高速データ通信量が2GBのプランからスタートし、追加1GBごとに200円が加算されるプラン構成となっている。

さらに、それぞれSMSを付けたい場合には150円加算、音声通話を付けたい場合は700円加算となる。余った容量の翌月繰越や、月間データ量の月ごとの変更も可能となっている。

<▲図:料金プラン(※クリックして拡大)>

月の途中でデータ量が足りなくなった場合は、プランを変えずにデータ量をチャージすることもできる。その場合は100MBで500円、500MBで2,100円、1GBで3,800円となっている。チャージの場合は料金プランで定められた基本データ量で増やす場合よりも割高なので、少し余るくらいのデータ量でプランを選んだ方がいいかもしれない。

もしチャージせずにいた場合は、月末まで速度制限がかかり、最大200kbpsでの通信となる。チャージすれば解除できる。もしくは翌月に入ればリセットされる。

nuroモバイルは、公式サイトのほか、Amazon、ソニーストアなどで順次販売開始となる予定で、家電量販店に関してもヨドバシカメラなどで販売される。ただし、音声通話対応SIMカードについてはデータSIM、SMS付SIMの後、順次発売という流れになる。ヨドバシカメラ以外の量販店でも順次販売される予定。

月々の利用料金の他に必要となるのは初期の登録事務手数料3,000円と、毎月のユニバーサルサービス料(現在は月額3円)。

<▲図:その他料金について(※クリックして拡大)>

なお、一点注意事項があり、最低利用期間が定められている。最低利用期間は1年で、途中解約した場合は、最大で12,000円の間の解約金が発生する。残り期間が多いタイミングで止めるほど高く、少ないほどやすくなる。12,000円からスタートし、毎月1,000円ずつ下がっていく。

【情報元、参考リンク】
nuroモバイル
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑