ファーウェイ、LTE対応低価格タブレット「MediaPad T1 7.0 LTE」を10980円からで販売開始!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ファーウェイ・ジャパンは14日、7インチタブレット「HUAWEI MediaPad T1 7.0 LTE」について、21日よりシルバーモデル(RAM:1GB、ROM:8GB)を10,980円(税抜)、ゴールドモデル(RAM:2GB、ROM:16GB)を14,980円で販売開始すると発表した。ここで紹介した価格は市場想定売価なので、ショップによって若干異なる可能性がある。

<▲図:MediaPad T1 Pro LTE>

MediaPad T1 7.0 LTEは、昨年7月に発売された「HUAWEI MediaPad T1 7.0」をベースに、LTE対応化を実現したモデル。

同社のタブレットは、今年7月に発売された「HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro」が3ヶ月連続でBCNランキングのSIMフリータブレット製品別販売数の1位を記録し、より画面サイズが大きい「HUAWEI MediaPad T2 10.0 Pro」がAndroidタブレットのWi-Fiモデルとしてシリーズ別販売数1位を8月に獲得するなど、人気が高まってきている。

国内市場で活躍しているSIMフリータブレットの海外メーカーといえばASUSがすぐに思い出されるが、ファーウェイもSIMフリースマートフォン市場も含めて台頭し始めている。

今回発売となる低価格タブレットのMediaPad T1 7.0 LTEは、シンプルながらも必要十分な機能を搭載しているので、手頃なタブレットを探している方にはオススメ機種の一つとなりそうだ。

この機種ならではの特別な何か、といった特徴はあまりないが、逆にシンプルだ。

ハードウェアの仕様はシルバーモデルとゴールドモデルで異なるので、まずは共通部分から見ていきたい。OSはAndroid 6.0で、CPUはSC9830I A7クアッドコア1.5GHzで、バッテリー容量は4,100mAh、ディスプレイは約7インチ、600×1,024ドットのIPS液晶で、カメラはメインとサブどちらも200万画素、LTEは下り最大150Mbps、上り最大50Mbps対応。

Wi-FiはIEEE802.11b/g/n準拠で、Bluetoothは4.0。

シルバーとゴールドで異なるのは、メモリで、シルバーは1GB RAM、8GB ROM、ゴールドは2GB RAM、16GB ROM。どちらも最大128GBまでのmicroSDカードを使える。

また、ボディサイズは約107×191.8×8.5mmで、重さは約278g。

【情報元、参考リンク】
Amazon.co.jp/MediaPad T1 7.0 LTE
ファーウェイ公式通販サイトVモール楽天市場店
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑