LINEで販売できる自作スタンプで写真スタンプが解禁! 1セット8個からの販売も可能に!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
LINEは6日、ユーザーがLINEスタンプを制作し、販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」において、審査基準を改訂し、1セット8個からの販売が可能になったと発表した。従来は1セット40個からだったが、40個のスタンプを制作することはハードルが高いこともあり、今回、最低8個からという条件に引き下げられた。

<▲図:写真スタンプが解禁された!>

今回の変更によって、より多くの方が自作スタンプを登録・販売できる可能性が高まり、多くの人によってLINEスタンプの自作・販売のハードルが下がったことになる。

さらに、写真を使ったスタンプも解禁となった。

従来は写真を使用したスタンプの販売は審査ガイドラインで禁止されていたが、審査体制が拡充されたことで解禁された。自分自身の写真はもちろん、親しい友人・家族や動物、風景などの写真を使ったスタンプを制作・販売できるようになった。

例えば、友人の結婚式や誕生日のお祝いとして、友人の写真入りのオリジナルスタンプを作成し、プレゼント機能を使って贈る、といった使い方も可能となる。ただし、もちろんだが権利関係には注意が必要だ。写真スタンプも審査ガイドラインをしっかりと読み込んだ上で作成するようにしたいし、他の人が写った写真を使う場合には特に注意したい。

なお、スタンプの販売価格は従来通り1セット120円から設定することができ、売上総額からGoogle Play/App Storeなどの手数料(30%)を除いた50%(売上総額の35%)がクリエイターへの収益分配額となる。

【情報元、参考リンク】
LINE/プレスリリース
スタンプ制作に関するガイドライン
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑