ソフトバンク、来春モデルAQUOS Xx3 miniを発表。4.7インチIGZO採用スマホ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクは12日、シャープ製のAndroidスマートフォン新モデル「AQUOS Xx3 mini」を発表した。発売時期は2017年2月上旬以降の予定なので、まだしばらく先の話だが、逆に言えばそれだけ先になることもあり、搭載OSはAndroid 7.0だ。

<▲図:AQUOS Xx3 mini>

ディスプレイは約4.7インチで、解像度がフルHDのIGZO液晶。「mini」の名の通り、比較的小型のモデルで、ボディサイズは約67×135×8.6mmで、重さは約135g。

カラーバリエーションはイエローグリーン、ブラック、ブルー、ピンク、ホワイトの5色で、シックなブラックを除く4色は明るく爽やかな構成となっている。

カメラはメイン側が約2,100万画素で、サブ側が約800万画素。

メイン側には光学式の手ブレ補正を搭載し、遠くにある被写体でも安定して写すことができる。また、サブ側は広角レンズを採用し、複数人での自撮りなどもしやすくなっている。

主要スペックを確認すると、防水・防塵のグレードがまだ決まっていなかったり、連続待受時間などが決まっていないように、まだ発売が先の端末ということがよくわかる状態だが、比較的コンパクトで万人向けの端末になりそうだ。

CPUはQualcomm MSM8952オクタコアで、メモリは3GB RAM、16GB ROM、バッテリー容量は2,400mAh。Wi-FiはIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンクオンラインショップ
ソフトバンク/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑