ASUS ZenFone 2 Laserが値下げで17800円に!良機が手頃な価格に

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ASUS JAPANは2日、SIMフリーのAndroidスマートフォン「ZenFone 2 Laser(ZE500KL)」の価格を3,000円値下げし、17,800円(税抜)とすると発表した。


ZenFone 2 Laserは昨年8月にリリースされた機種で、今年の7月に一度20,800円への値下げが行われたばかりだが、さらなる値下げで、より手を出しやすい価格になった。同社によれば、生産の合理化や効率化などの社内努力の成果とのこと。

ZenFone 2 Laserは昨年モデルとはいえ、ZenFoneシリーズに関しては、その前のモデルである「ZenFone 5」ですら、未だに十分な体感パフォーマンスで動く。下手なハイエンド機よりも安定しているくらいでZenFoneシリーズの良さを証明しているが、ZenFone 2 Laserもバランスに優れた良機だ。

今後「ZenFone 3」が登場すれば、販売店でのラインナップもZenFone 3シリーズへ移行するだろうが、ZenFone 2 Laserも十分使えるので、安価なモデルを狙っている方にはオススメだ。

もう少し詳しく紹介すると、ZenFone 2 Laserは、約5インチのHD-IPS液晶を搭載するスマートフォンで、プロセッサはQualcomm Snapdragon 410。

メモリは2GB RAM、16GB ROMで、メインカメラは約1,300万画素、サブカメラは約500万画素、Wi-FiはIEEE802.11b/g/n準拠、ボディサイズは143.7×71.5×3.5-10.5mm、重さは約145gといった基本スペックだ。

「Laser」という名の通り、レーザーオートフォーカスを搭載するカメラが大きな特徴で、それ以前のレーザーオートフォーカスを搭載しないモデルと比べて素早いフォーカスが可能となっている。ただ、「驚異的」な速度ではなく、今となってはより速いフォーカススピードの製品が各社から出ているので、どちらかというとレーザーオートフォーカスよりもデュアルLEDフラッシュの方が魅力と言えるかもしれない。ただ、もちろんオートフォーカスの速度も十分悪くない。背面にカラーLEDフラッシュが2つ並べて搭載されていて、周囲の明るさに合わせて発光度合いを自動調整する「リアルトーンフラッシュ機能」も搭載する。暗い場所での撮影に重宝する。

【情報元、参考リンク】
ASUS公式オンラインショップ
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑