ソフトバンクがグループ会社のブランドロゴを変更へ。=マーク先頭に統一

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクグループは30日、グループ会社13社のブランドロゴを10月1日から順次変更すると発表した。今回のブランドロゴ変更は、ソフトバンクグループの企業姿勢をシンボル化したシルバーの「=(イコール)」マークを戦略的に活用し、グループ各社のブランド統一を図ることを目的としているという。

<▲図:ロゴ変更について>

同社のシンボルマークとして使われている「=」マークは、様々な課題に対して情報革命で「答え」を導くこと、また、コミュニケーションの双方向性やインターネットの無限の可能性を表現している。

現在のソフトバンクのグループ各社のロゴでは、「=」マークの位置が統一されておらず、会社名の前にあったり、会社名の下に記載される「SoftBank Group」ロゴに記載のマークだけだったり、とそれぞれ異なる。

それが今回の変更によって、会社名の前につける形に統一される。さらに、会社名の下に記載されていた「SoftBank Group」という文字はなくなる。

<▲図:ロゴ変更対象会社>

【情報元、参考リンク】
ソフトバンク/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑