【更新】ソフトバンク、20GBで月額6000円のデータ定額プラン「ギガモンスター」を13日より提供へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクは8日、「SoftBank」向けの新しいデータ定額プランとして「データ定額 20GB」(月額6000円)と「データ定額 30GB」(月額8,000円)を13日より順次提供開始すると発表した(既存ユーザーのプラン変更に関しては29日から受付)。同社はこれら2つのプランを「ギガモンスター」として訴求していく。


これらのプランは、「スマ放題」「スマ放題ライト」と組み合わせることができるデータ定額プランで、仮に「スマ放題ライト」と組み合わせた場合、すべて合わせて月額8,000円で毎月20GBの高速データ通信と音声通話を楽しめることになる。

従来であれば20GB、30GBという大容量通信を行おうとした場合、2万円近くの金額が掛かっていたので、一気に値下げした形となる。

これは、今後さらに増えることが見込まれる様々な動画配信サービス、しかも4K映像などの大容量のデータ通信を必要とするサービスの普及を見越してのものであり、さらには日頃からデータ通信量の余りを気にしなければならない状況を解消するためのものという。


一方で、同社はこの大容量のギガモンスタープランを導入することで、現行のデータ定額パック・標準(8)、大容量(10)から(30)の新規申し込み受付は終了する。新規受付は終了だが、継続利用は可能。

結果的に、13日以降のデータ定額プランは、30GB、20GB、5GB、2GB、1GBという構成になる。

ギガモンスターで注意したいのは、テザリングオプションは月額1,000円かかることと、データ量の繰り越しが毎月5GBまでしかないこと。毎月5GBまでは翌月に繰り越すことができる。
【更新】9日、変更の発表がありました。余ったデータ量の翌月繰越は、5GBまでではなく全て可能となりました。また、テザリングオプションは2017年4月末まで無料となりました。

<▲図:2016年9月13日以降の料金体系(※クリックして拡大)>

いずれにしても、大容量のデータ定額プランをNTTドコモ(以下、ドコモ)、au(KDDI/沖縄セルラー)と比べて一気に値下げしてきたため、今後、ドコモとauがどう対応してくるのか気になるところだ。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンク/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑