ファーウェイ、ダブルレンズ搭載スマホ「honor 8」を9月28日に日本で発売

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ファーウェイ・ジャパンは14日、「honor」シリーズの最新モデル「honor 8」を28日に日本市場で発売すると発表した。ファーウェイの公式オンラインストアのほか、格安SIM/スマホサービスの「楽天モバイル」で取り扱う。さらに、発売に先立ち21日から予約受付も行われる。


ファーウェイの製品は現在の格安スマホ市場において売り上げが伸びているだけにhonor 8を取り扱うMVNOが気になるところだが、honor 8と通信サービスのセット販売に関しては楽天モバイルのみの独占になるという。

honor 8の想定実売価格は42,800円(税抜)なので、格安スマホの中では比較的高価な製品となるが、その分、通信キャリア向けのハイエンド端末に引けを取らないハイスペック構成のハードウェアとなっている。

honor 8は、昨年6月に発売となった「honor6 Plus」の後継モデルで、honorシリーズの特徴の一つでもあるダブルレンズカメラを継続搭載している。

メインカメラには約1,200万画素のダブルレンズを採用。RGBとモノクロの2つのセンサーを搭載し、鮮やかな色を再現することができる。オートフォーカスに関してもコントラストフォーカスにレーザーフォーカスとデプス(深度)フォーカスを組み合わせたハイブリッドフォーカス方式を採用している。インカメラは約800万画素だ。

最近のファーウェイの製品には指紋認証センサーが標準的に搭載されているが、honor 8も同様。さらに、グレードアップした3D指紋認証センサーを採用し、約0.4秒での認証・ロック解除ができる。そして、センサーは多機能タッチボタンになっていて、カメラのシャッター、電話応答、任意のアプリのクイック起動などに使うことができる。

<▲図:背面の指紋認証センサー部分は多機能ボタンも兼ねている>

デザインに関しては、両サイドの2.5D曲面ガラスとメタルフレームが特徴。


また、背面の15層のマイクロパターンは、光が当たる角度で様々な表情を見せるようになっていて特徴的だ。

<▲図:15層のマイクロパターン仕様によって角度によって表情が異なる背面>

OSはAndroid 6.0で、プロセッサはKirin 950(オクタコア。2.3GHz×4 + 1.8GHz×4)で、メモリは4GB(RAM)、ストレージ容量は32GBだ。microSDカードは最大128GBのカードまでサポートする。

バッテリーは3,000mAhの容量で、最大9V/2Aの急速充電にも対応する。

ディスプレイは約5.2インチで解像度がフルHD(1,920×1,080ドット)のIPS液晶。NFC、Bluetooth 4.2 with BLE、Wi-Fi(IEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)準拠)などが主な仕様。

USB端子はmicro-BではなくType-C。最近はType-CのAndroid端末が少しずつ出てきているが、2017年には一気に増えるはずだ。

モバイル通信の下り最大速度は262.5Mbpsで、上りは最大50Mbps。対応する通信方式は下記の通り。
  • FDD-LTE:B1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20
  • TDD-LTE:B38/40
  • LTE CA DL(カテゴリ6): B1+B19/B3+B19/B1+B8
  • W-CDMA:B1/2/4/5/6/8/19
  • GSM:850/900/1800/1900MHz

【情報元、参考リンク】
ファーウェイ公式通販サイトVモール楽天市場店
楽天モバイル
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑