ハローキティフォンがアップデートでテザリングに対応!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
IoT事業などを手がけるオーラは6日、サンリオとのライセンス契約による第一弾製品である「Hello Kitty FIGURINE KT-01」(通称:ハローキティフォン)において、同日13時から最新のソフトウェアアップデートを配信し、新たに「テザリング」機能を導入したと発表した。

<▲図:テザリングのイメージ>

ハローキティフォンは一般的なスマートフォン、フィーチャーフォンと比べると機能が限定されたシンプルな携帯電話だが、今回、テザリングが導入されたことで、普段携帯ゲーム機やノートPC、タブレット、スマートフォンを持ち歩くユーザーにとってもかなり便利になった。

例えば、「ニンテンドー3DS」や「PS Vita」などで遊ぶ際にも、ハローキティフォン経由でインターネットに繋げることができるので、子供ユーザーにとっても便利だろう。しかも、テザリングはWi-FiとBluetooth(※もちろんWi-Fiテザリングの方が速い)に対応し、ボタンひとつでオン/オフできる。

テザリング機能のサービス名は「OLA Entrada(オーラエントラーダ)」と名付けられ、サービス利用料は無料。メニュー画面には「テザリング」という名前ではなく「OLA Entrada」と書かれているので、その点は注意が必要だ。

<▲図:画面イメージ。OLA Entradaというのがテザリングのこと>

テザリングできるとはいえ、ハローキティフォンはLTEには非対応の3Gケータイなので、データ通信速度はそれほど速くはないものの、ちょっとした用途には十分だろう。

<▲図:ハローキティフォン>

【情報元、参考リンク】
ハローキティフォン公式サイト

©1976,2016 SANRIO CO., LTD. ©2016 OLA Inc.
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑