スマホと連携するIoTシューズを使った体験型迷路「フーム アドベンチャー」がよみうりランドに登場!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDIとよみうりランドは14日、au未来研究所が開発した、スマートフォンと連携する子供向けのIoTシューズ「FUUM(フーム)」を採用した体験型の迷路アトラクション「FUUM ADVENTURE(フーム アドベンチャー) powered by au」をよみうりランド「グッジョバ!!」エリアにオープンすると発表した。


フーム アドベンチャーがオープンするのは10月8日。ただし、このアトラクションは常設ではなくて期間限定。2016年10月8日から12月4日まで(10月12日と13日は休園日)の約2ヶ月間しか体験できないので、関心がある方は早めに遊びに行こう。

料金は500円(別途、よみうりランドの入園券が必要)で、年齢制限があり、4歳以上である必要がある。さらに、保護者もしくは中学生以上の方の付き添いが必要。また、用意されているフームのサイズは16から20cmなので、靴のサイズがこの範囲外の方はプレイできない可能性があるので注意したい。

このアトラクションの鍵の一つであるフームは、au未来研究所のハッカソンから産まれたIoTシューズで、ニューバランスジャパン社の協力を得て開発された。

<▲図:FUUMのコンセプトモデル(※実際に使用されるものとは異なる)>

フームには「カラー」「感圧」の2種類のセンサーが搭載され、「歩く」「ジャンプ」と行った動きや、足が踏んでいる地面の色を識別することができる。そして、その情報を連携しているスマートフォンが受信すると、情報に応じた色々な音がスマートフォンから鳴ったり、映像が流れるようになっている。スマートフォンは付き添いの親が持ち、子供がフームを履く、という形になる。

そして、実際の迷路だが、「恐竜エリア」「ロボットエリア」「星エリア」の3エリアで構成され、恐竜やロボットに出会いながら、足踏みやジャンプなどの動きに応じたミッションにチャレンジする。

住所は下記の通りだ。

よみうりランド「グッジョバ!!」エリア内
東京都稲城市矢野口4015-1

【情報元、参考リンク】
FUUM ADVENTURE特設サイト
KDDI/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑