au、VoLTE対応・聞きやすい「かんたんケータイ KYF32」を発表。7月30日発売!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDI、沖縄セルラーは28日、「auかんたんケータイ」で初となる「 au VoLTE」対応の新機種「かんたんケータイ KYF32」(京セラ製)を30日に発売すると発表した。同社は同日、初心者やシニア層をターゲットとしたスマートフォン「BASIO2」(こちらの記事を参照)も発表しているが、かんたんケータイはスマートフォンではなく、フィーチャーフォンスタイルの携帯電話。

<▲図:かんたんケータイ KYF32>

かんたんケータイ KYF32は29日からau直営店で先行展示される。au SAPPORO、au SHINJUKU、au NAGOYA、au OSAKA、au FUKUOKA、au HAKATAで展示される。

かんたんケータイ KYF32の最大の特徴は音声通話のしやすさとその音質の良さ。

まず、LTE網を使って音声通話を行う「au VoLTE」に対応したことで音質がより良くなっている。さらに、京セラ製端末ではお馴染みの「スマートソニックレシーバー」も搭載する。スマートソニックレシーバーは、画面全体を振動させることで音を伝える技術。耳を当てる位置が適当でも構わないという利便性も得られる上、音も聞きやすい。

さらに、「聞こえ調整」機能も搭載されている。「やわらかく」「はっきりと」「おさえめに」など、好みの音質に調整できる。

VoLTEに対応したことで音声通話の品質が向上したほか、データ通信も4G LTEでできるので、サイズの大きなメールの受信もストレスなくできる。写真や動画データのやりとりなどもスムースにできる。ただし、データ通信速度は下り最大75Mbpsにとどまる。

<▲図:au VoLTEとスマートソニックレシーバー等で聞きやすい音で通話ができる>

カメラもかんたんケータイ史上最大となる約800万画素のセンサーを採用する。手振れ補正機能も搭載するので、手ぶれも軽減できる。

ディスプレイは約3.4インチサイズ、解像度FWVGAのTFT液晶で、高精細な表示が可能。「でか文字」「でか時計」「でかピクト」などによって小さな文字やメニューが見えにくいという方でも見やすい。

京セラ製端末では標準的な仕様になってきたが、かんたんケータイ KYF32もタフネス設計となっている。防水・防塵だけでなく耐衝撃仕様なので、よく落とす方でも安心だ。

また、いざという時に安心のブザーも搭載する。ブザーキーは側面に搭載され、長押しするとブザーが鳴る。それとともに、ブザーが鳴らされたことと現在位置をワンタッチキーに登録した相手にメールで知らせる。


ハードウェアの主な仕様は、メモリは1GB RAM、8GB ROM、バッテリー容量は1,410mAh、ボディサイズは約51×116×18.1mm、重さ約137g、カラーバリエーションはゴールド、ピンク、ブルーの3色。

なお、ワンセグ/フルセグやおサイフケータイには非対応で、Bluetoothも搭載しない。Wi-FiやWiMAX 2+にも非対応なので、それらの機能を重視する場合には向かない。

【情報元、参考リンク】
au Online Shop
KDDI/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑