日本市場でMoto 360 Sportが6月下旬に登場へ。予約受付開始

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
モトローラ・モビリティ・ジャパンは6月下旬をめどに日本市場でAndroid Wear搭載スマートウォッチ「Moto 360 Sport」を発売する。販売価格はAmazon.co.jpでは38,500円(税込)。さらに、「Moto 360」の第二世代の新色Rose Gold(ローズゴールド)も販売開始となり、価格は42,800円。

<▲図:一番左がMoto 360の新色。残り3つはMoto 360 Sport>

Android Wear搭載スマートウォッチはピンキリなので、安価な製品はもっと安い値段で購入できるが、一方で高価なモデルは50,000円を超える。そうした中でMoto 360 SportやMoto 360(第二世代)は中間的な価格帯にある製品で、円形ディスプレイ搭載モデルとしては魅力的な選択肢の一つだ。

Moto 360 Sportは、「Sport」という名から分かるように、スポーツやアウトドア、フィットネスなどに向けた製品で、シリコン素材のバンド(ベルト)が付属する。レザーバンドはスポーツ/フィットネスなどで汗を多くかく場合には向かないので、シリコンバンドの方がいいだろう。

また、本体もIP67相当の防水・防塵仕様なので、ちょっとした雨などアウトドアでも気軽に装着できる。GPSも搭載するので、ランニングなどの記録にもいい。

ディスプレイは円形で、解像度は360×325ドット。プロセッサはQualcomm Snapdragon 400、メモリは512MB RAM、4GB ROM。通信機能はWi-Fi(IEEE802.11b/g)とBluetooth(4.0LE)に対応する。

<▲図:Moto 360 Sport>

一方、Moto 360(第二世代)の新色ローズゴールドはブラッシュレザーバンドを採用する。基本スペックはMoto 360 Sportと同じで、ディスプレイ解像度は360×325ドット、Snapdraon 400、512MB RAM/4GB ROMを搭載する。

下はAmazon.co.jpでの商品リンク。

 

【情報元、参考リンク】
シネックスインフォテック/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑