災害時などに家族の居場所確認や周囲への救援要請ができるアプリ「みまもりマップ」が6月30日に登場

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンク及びウィルコム沖縄は28日、災害時などに家族でお互いの居場所を地図で確認することができ、周囲に救援を要請することもできるアプリ「みまもりマップ」を30日より提供すると発表した。利用料金は無料で、契約等の手続きも不要(※グループ管理者に関しては別。後述参照)。

<▲図:「みまもりマップ」の機能(※クリックして拡大)>

このアプリはAndroid 4.0.3以上のOSを搭載したAndroidスマートフォンで利用することが可能。実はSoftBankとY!mobileだけでなく他社のスマートフォンのユーザーも利用できる(※詳しくは後述参照)。

「みまもりマップ」では、家族や親戚、友人など居場所を確認したい方をグループ登録しておくことで、お互いの居場所をマップ上で共有・確認することができる。さらに、グループメンバーが学校や病院など指定したエリアに到着、もしくは指定エリアから離れた場合に他のメンバーに通知をすることも可能となっている。

そして、災害時のみの機能として、災害発生時に災害エリアにいるユーザーには災害情報が通知されるようになっている。グループメンバーの誰かがそのエリアにいる場合には、他のメンバーにも通知される。

他には「SOS発信」機能もある。

これは、自分の居場所が家族などグループメンバーだけでなく、近くにいる「みまもりマップ」のユーザーのマップ上にも表示され、救援を求めることができる、というもの。そして、「SOSブザー」という、ブザーを鳴らす機能もある。

冒頭で紹介したグループ管理者に関しては無料ではない、という意味は、グループ管理者になるには「スマートフォン基本パック」(月額500円)か「スマートフォン基本パック-S」(月額500円)、または「位置ナビ」(月額200円)のいずれかへの加入が必須だからだ。

例えば、家族4人の場合、誰か一人がこれらのサービスのいずれかに加入すればグループ管理者になれる。他の家族はサービスに加入せずとも無料で利用できる。同様に、NTTドコモやauのユーザーでも「みまもりマップ」は利用可能だが、グループ管理者にはなれないので、メンバーとしての利用にとどまる。

なお、メンバー登録されていない状態でも災害情報の通知およびSOS発信・確認は利用できるようになっている。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンク/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑