北陸新幹線 高崎駅〜安中榛名駅間のトンネル内で各社の携帯電話サービスが利用可能に

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは17日、北陸新幹線の高崎駅から安中榛名駅間のトンネル内で携帯電話サービスを提供開始すると発表した。

通信3社は北陸新幹線のトンネル内における携帯電話サービスのエリア拡大を目的に東日本旅客鉄道(JR東日本)と共同でエリア整備を進めてきたが、今回、前述の区間における整備が完了し、携帯電話サービスが利用可能になる。

サービスの提供開始は6月28日の始発列車から。

具体的な対応トンネルは高浜トンネル、第一諏訪トンネル、第二諏訪トンネル、神戸トンネル、里見トンネルの計5トンネル。

なお、東京駅から高崎駅間でも携帯電話サービスを利用可能なため、今回のエリア整備完了によって、東京駅〜安中榛名駅間で携帯電話サービスを利用できる環境が整ったことになる。

今後は東北新幹線いわて沼宮内駅~二戸駅(手前)の整備が8月をめどに完了する予定で、上越新幹線高崎駅~上毛高原駅(手前)についても今年度中に完了する予定となっている。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑