au、日米間・日韓間でのVoLTEの提供を6月中旬より提供へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDI、沖縄セルラーは6日、国内の通信事業者では初となる、日米間での「VoLTE(Voice over LTE)」の提供を6月中旬より提供すると発表した。VoLTEはLTEネットワークを介した音声通話サービスで、従来のサービスと比べて音質に優れる点や通話中でもLTEでのデータ通信ができることなどが特徴で、国内ではすでに多くの機種で対応し、サービスを利用している方も多い。


しかし、日米間でのVoLTEに関しては、今回のauの対応が初となる。さらに、韓国との間でのVoLTEも同時に提供開始となる予定。

米国では同国の通信事業者であるVerizon Wirelessと、韓国ではLG U plusとの提携で実現するサービスなので、米国ではVerizon Wireless、韓国ではLG U plusのVoLTEサービスエリアで利用することができる。

なお、この海外との間で行うVoLTEに関してはまずは6月から順次販売される「au世界サービス」対応機種(今夏モデル)からの対応となる。

【情報元、参考リンク】
KDDI/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑