タミヤがアプリ「タミヤパスポート」を配信開始。ミニ四駆レース大会の検索・申込や新製品情報など

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
株式会社タミヤは6日、タミヤ公式のスマートフォン向けアプリ「TAMIYA PASSPORT(タミヤパスポート)」を同日より提供開始したと発表した。Android版とiOS版が用意され、Android版はAndroid 4.0以降(全ての機能を使うにはAndroid 4.3以降)、iOS版はiOS 7.0以降のOSを対象としている。


利用料金は無料で、それぞれGoogle Play、App Storeからダウンロードできる。

タミヤといえば、「ミニ四駆」やラジコン、各種模型だが、このアプリは主にミニ四駆の競技会イベントへの参加を考えている方を対象としたものとなっている。

タミヤはミニ四駆のユーザー向けの競技会イベントを各地で展開している。特に全国規模の「ミニ四駆ジャパンカップ」の2012年の復活を機に、子供時代にミニ四駆に親しんだ20代・30代を筆頭に人気が再燃し、今や世界的な人気の高まりを見せている。

これまでタミヤ主催の競技会のほとんどは参加費無料・当日受付という方式で運営されていたが、当然ながら参加者が多くなってくると当日受付という方式での運営は困難になることが予想される。実際、参加者の大幅な増加に伴い、当日受付での対応が難しくなってきたという。

そこで、競技会イベント参加者向けにスマートフォン向けアプリ「タミヤパスポート」を用意することになった。今年の5月以降、高校生以上の方のタミヤ主催ミニ四駆公式イベントへの参加を、アプリを通じた事前申し込み制とすることで、イベント参加者に安全かつ快適なイベント環境を提供するという。

なお、高校生以上の方(オープンクラス)は事前申し込み制に変わるが、ジュニアクラス(小学4年生から中学3年生)とファミリークラス(中学3年生以下)は事前申し込みは不要。さらに、高校生以上でもタミヤパスポートに対応するスマートフォンを所有していない場合、パソコン用の「事前申し込みフォーム」が用意されるので、そちらから事前申し込みが可能だ。

このアプリでは、イベント情報の検索及び事前申し込み機能に加え、タミヤブランドの新製品情報や関連ニュースなども提供されるので、必ずしもミニ四駆のユーザーだけに特化したアプリではない。

しかも、同社はタミヤパスポートをミニ四駆以外のホビージャンルへ展開することも企画しているので、ラジコンや各種模型のファンも忘れずにインストールしておくといいかもしれない。

また、タミヤ主催イベントだけでなく、販売店やユーザー主体で開催される競技会イベント等の情報も提供することで、全国各地におけるコミュニティの活性化も支援していくという。


なお、冒頭で紹介したAndroid版について、動作対象はAndroid 4.0以降でも全ての機能を利用するには4.3以降が必要と書いた点を具体的に紹介したい。

イベント会場では、参加証となる「エントリーシール」を受け取る際の受付(チェックイン)をBluetoothビーコンを使って行うことが可能となっている。そのBluetoothチェックイン機能を利用したい場合にはAndroid 4.3以降が必須となる。

もしAndroid 4.3未満のOSだったり、Bluetoothを利用できないスマートフォンの場合は、代替手段として「QRコード」を使ってチェックインできるようになっている。

アプリは下記のリンク先からダウンロードできる。



【情報元、参考リンク】
タミヤ/プレスリリース
タミヤ/ミニ四駆ジャパンカップ2016開催決定! スマホ向けアプリにも注目!
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑