【島田純のMobile×Travel】第68回:アナログアプローチでアクションカムが小恐竜に! HTC「RE Diplo」を購入

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
HTCが販売中のアクションカム「RE Camera」を台湾で購入しました。

<▲図:アクションカム「RE Camera」と恐竜型のスタンドがセットになった「RE Diplo」>

HTCのRE Cameraは2014年後半に発売済みの製品です。2016年の今となっては、いわゆる「新製品」ではありませんが、恐竜型のスタンドとセットになった「RE Diplo」の可愛らしい姿は筆者の心をわしづかみ。その場ですぐに購入することにしました。恐竜型のスタンドとセットになったRE Diploの台湾での販売価格は5,990台湾ドル、日本円で約20,000円です。

<▲図:斜めから見たところ>

恐竜型のスタンドはRE Cameraの機能を拡張するものではなく、あくまでも充電スタンドです。ただし、充電用のケーブルの周囲には恐竜の「しっぽ」があるため、非常にケーブルが挿しにくい設計。ケーブルを頻繁に抜き挿して使うにはやや難があると言わざるを得ません。

<▲図:恐竜型のスタンドのお尻の部分にmicroUSB端子があります(挿しにくい)>

スタンドの足の裏には、ネコの肉球のような可愛らしいデザインが施されており、可愛らしさという面では抜かりがないように思える恐竜型スタンドですが、microUSBケーブルが挿しにくいのは充電スタンドとしては致命的。それでも、RE Cameraとセットになった絵がかわいいので許せてしまうのが不思議なところです。

製品そのものが可愛らしいだけでなく、製品パッケージもこだわりを感じさせるものとなっています。製品パッケージは積み重ねたり並べたりすると、一体のRE Diploがデザインされているようになるなど、遊び心があります。

<▲図:RE Diploの製品パッケージ(外箱)>

<▲図:積み重ねたり並べたりすると一体のRE Diploのように>

外箱には恐竜の卵のイラストがデザインされているだけでなく、外箱を開封すると、その中には恐竜の卵を模した卵形のパッケージが。

<▲図:恐竜の卵を模した卵形のパッケージ>

卵形のパッケージを開封すると、恐竜型スタンドとセットになった状態でRE Cameraが収納されています。

<▲図:卵を開けると「恐竜」になった状態で収納されている>

<▲図:まさに恐竜なシルエット>

さらに、HTCはRE Diploをモチーフにしたナップザックも販売しています。

<▲図:RE Diploをテーマにしたナップザック>

恐竜型のコンセプトがヒットしたのかは不明ですが、恐竜型のスタンドだけでなく、RE本体に装着することで恐竜っぽくなる本革カバーも販売されていました。

<▲:恐竜っぽくなる本革カバー(490台湾ドル)>

しかしながら、この本革カバーを装着した状態では恐竜型のスタンドに装着することができません(本革カバーで覆われてしまう分だけ厚くなるため)。

恐竜型のスタンドでケーブルが挿しにくいなど、実用面では詰めの甘さが感じられるRE Diploおよび関連アクセサリですが、そういった部分も含めて「可愛らしさ」を感じてしまうのは筆者だけでしょうか。

デジタルガジェットとして考えると、特に目新しさを感じることはないRE Diploですが、アナログ的なアプローチと言える恐竜型のスタンドとセットになることで、アクションカムとしての実用性は保ちつつ、おもちゃ的な要素が追加される、とても面白い組み合わせと言えるでしょう。

<▲図:HTCショップの前に置かれた大型のRE Diplo>

残念ながらRE CameraおよびRE Diploは国内未発売の製品です。

2015年末には国内でも展示が行われるなど、国内投入に向けた動きも見られましたが、2016年4月末時点で発売に関する正式なアナウンスはありません。また、台湾向けに販売されているRE Camera(およびRE Diplo)は国内で電波を送受信する機器に必要となる「技適マーク」が表示されていないため、国内での利用は違法となる可能性があります。

RE Cameraを利用するためのスマートフォン向けアプリは日本語化がされているなど、日本向けの発売準備は進んでいると思われるRE Camera。日本での発売が待ち遠しいです。

<▲図:RE Cameraのスマホ用アプリは日本語対応済み>

【情報元、参考リンク】
HTC RE 限量恐龍蛋組合 | HTC 網路商店-官方銷售網站


記事執筆者プロフィール
島田純
ブロガー/フリーライター
Twitter:@shimajiro、ブログ:shimajiro@mobiler

ブログとモバイルと旅が好きなフリーランスのブロガー/ライター。
モバイルWi-Fiルータやデータ通信関連が得意です。

「島田純のMobile×Travel」の他の記事はこちら
本コラムは毎月第1・第3火曜日更新予定!
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑