FREETEL史上最薄のスマートフォン「REI 麗」発売。通信料・無料通話込みで月額2990円から

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
SIMフリーキャリアのFREETEL(フリーテル)を運営するプラスワン・マーケティングは27日、SIMフリーのAndroidスマートフォン「REI 麗」を発売したと発表した。約5.2インチのフルHD液晶ディスプレイを搭載し、ボディの厚みが約7.2mmと同社史上最も薄く、軽いスマートフォンとしての登場だ。


また、「REI 麗」は本体と音声通話に対応したSIMカード、端末&データ補償、32GBのmicroSDカード、最大60分の無料通話がセットになった「プレミアムバリュープラン」を利用した場合、月額2,990円から入手・利用できる。

<▲図:プレミアムバリュープラン(端末代込み)>

販売チャネルはFREETEL eSHOP(Amazon.co.jpでも購入可能)、ヨドバシカメラ、ビックカメラ等の家電量販店など。

本体のみでの購入の場合、Amazon.co.jp(FREETEL eSHOPが出品)では32,292円。


フルメタルで薄型のボディが大きな特徴の一つで、ボディはアルミダイキャスト製法で作られ、カラーバリエーションも5色用意されている。カラーはメタルシルバー、ビンクゴールド、スカイブルー、シャンパンゴールド、メタルブラック。薄型軽量とはいえ、重さはそれでも約136gあるので、一応それなりにはある。

また、指紋認証センサーを搭載したホームボタンを採用し、iPhoneやGalaxyシリーズのようにホームボタンでの指紋認証を使ったロック解除が可能となっている。

<▲図:カラーバリエーション>

主な仕様は次の通り。

OSはAndroid 6.0、CPUはMediaTek MT6753オクタコア1.3GHz、メモリは2GB RAM、32GB ROM、ディスプレイは約5.2インチのフルHD液晶、メインカメラは約1,300万画素、サブカメラは約800万画素、SIMカードスロットはmicroとnanoの2スロットだが、国内で使用できるのはいずれか1スロット、Bluetoothは4.0 LE対応、Wi-FiはIEEE802.11a/b/g/n準拠、本体サイズは約145.8×71.5×7.2mmで、重さ約136g。

対応するモバイルネットワークは下記の通り。
  • 3G(WCDMA):2100MHz(Band1)/800MHz(Band6/19)/900MHz(Band8)
  • 4G(FDD LTE):2100MHz(Band1)/1800MHz(Band3)/2600MHz(Band7)/900MHz(Band8)/800MHz(Band19, 20)

下はAmazon.co.jpでの商品リンク。



【情報元、参考リンク】
FREETEL公式サイト
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑