auのAndroidケータイ「AQUOS K」が楽天Edyに対応。GRATINA 4Gも6月以降対応へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDI、沖縄セルラーは18日、4G LTEに対応したAndroid搭載ケータイ「AQUOS K」がプリペイド型の電子マネー「楽天Edy」に対応したと発表した。具体的な対応機種は「AQUOS K SHF31」と「AQUOS K SHF32」で、6月以降に「GRATINA 4G」も対応する予定。


これらの機種で楽天Edyを利用するには、まずは楽天Edyアプリをインストールする。アプリは「au Market」からダウンロードできる。


楽天Edyはコンビニやドラッグストアなど、全国約45万カ所の加盟店において、レジに設置された読み取り機にタッチするだけで支払いできる電子マネーで、Androidを搭載したおサイフケータイ対応スマートフォンでは以前から利用できる。

今回、新たにAndroidを搭載したAQUOS Kのようなフィーチャーフォンスタイルのケータイでも利用できるようになったので、Androidケータイのユーザーにとっては便利になった。

【情報元、参考リンク】
KDDI/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑