Anker、ノートPC15回・スマホ40回充電可能なポータブル電源「PowerHouse」を6月6日発売。ACコンセント、USB、12Vシガーソケット搭載

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
アンカー・ジャパン(以下、Anker)は23日、大容量のリチウムイオン電池を搭載したポータブル電源「PowerHouse」を発表した。バッテリー容量は434Wh(120,600mAh)で、ノートPCなら15回、スマートフォンなら40回程度のフル充電が可能。販売価格は50,000円で、Amazon.co.jpですでに予約注文が可能となっている。発売日は6月6日。

<▲図:Anker PowerHouse>

Ankerのモバイルバッテリーといえば、容量の割に安価で、出力を接続機器に合わせて自動で調整してくれる「PowerIQ」搭載などが魅力で、グローバルで瞬く間にトップブランドの一つに成長した製品だが、今回のものはこれまでのモバイルバッテリーとは異なり大物だ。

前述したようにバッテリー容量は434Whと、従来の同社のモバイルバッテリーとは桁の違う容量を備えている。

スマートフォンやノートPCを何度もフル充電できるほか、キャンピングライトなら連続約100時間、ミニ冷蔵庫なら連続約7時間、テレビなら連続約4時間の駆動が可能だ。もちろん、連続駆動時間は動かす製品によって異なるので、あくまでも参考情報だが、かなりの容量であることは確か。

出力はPowerIQに対応した急速充電対応USBポートが4つと、ACコンセントが1つと、12Vシガーソケットが1つ。ACコンセントがついているので、ノートPCやテレビなど、様々な機器をそのまま使えるのが大きな特徴。



バッテリーマネジメントシステム(BMS)の搭載によって、電圧や温度を管理し、ショートを予防することで高い安全性も実現しているという。さらに、アクティブ方式のセル・バランシングの採用で、バッテリーのエネルギー効率を最適化し、寿命も長期化しているという。

保証は18ヶ月間。

サイズは約200×145×65mmと小型で、重さは約4.3kg。

下はAmazon.co.jpでの商品リンク。



【情報元、参考リンク】
Anker
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑