2016年7月以降のユニバーサルサービス料発表。現行の月額2円から3円に

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
電気通信事業者協会(TCA)、KDDI、ソフトバンクは18日、2016年7月以降のユニバーサルサービス料を発表した。現行では月額2円(税込みでは2.16円)だが、7月以降(7月利用分以降)は月額3円(税込みでは3.24円)になる。


KDDIのサービスではau携帯電話のほか、auひかり電話サービス等で、ソフトバンクのサービスでは「SoftBank」や「Y!mobile」の携帯電話サービスやIP電話サービス等で毎月ユニバーサルサービス料の支払いが必要となっている。

ユニバーサルサービス制度は、ユニバーサルサービスの維持に必要な費用を電話会社全体で負担する制度で、その番号単価をユニバーサルサービス料としてユーザーが負担している。

ユニバーサルサービスというのは、NTT東日本・西日本が提供する加入電話、公衆電話、緊急通報の事を指している。これらは、電気通信事業法で「国民生活に不可欠であり、あまねく日本全国における提供が確保されるべき」サービスとされている。

携帯電話の一般ユーザー視点で純粋にコストとして見ると、7月利用分以降は月額料金が3.24-2.16=1.08円値上げされることになる。

なお、記事執筆時点ではNTTドコモ(以下、ドコモ)からの報道発表はないが、ドコモのユーザーももちろんユニバーサルサービス料を負担していて、7月利用分以降は月額3円(税込みでは3.24円)になる。

【情報元、参考リンク】
KDDI/プレスリリース
ソフトバンク/プレスリリース
TCA
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑