WiMAX 2+が東京メトロでも順次利用可能へ。まずは5駅からスタート

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
UQコミュニケーションズは4日、東京メトロの駅や列車内において「WiMAX 2+」のエリア整備を行っていくことになったと発表した。本日より5駅ですでにサービスの提供が始まっており、今後順次拡大される予定。

<▲図:東京メトロの車両>

すでにWiMAX 2+のエリア整備が行われた5駅というのは、丸ノ内線の東高円寺駅、新中野駅、東西線の落合駅、高田馬場駅、副都心線の西早稲田駅だ。

WiMAX 2+の地下エリアにおけるエリア整備は全国で順次行われていて、利用可能範囲はかなり広がっているが、東京メトロで利用可能になるのは、東京に通っている社会人・学生などにとっては非常に大きな魅力だ。

【情報元、参考リンク】
UQコミュニケーションズ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑