カシオ、スマホ連携機能搭載腕時計「EDIFICE」新モデル「EQB-600D」を発表。新開発の時刻取得システムに対応

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
カシオ計算機は19日、ダイナミックなデザインと先進技術を兼ね備えた高機能ウォッチ「EDIFICE(エディフィス)」の新モデル「EQB-600D」を発表した。EQB-600Dはカラー違いで2モデル用意される。

<▲図:EQB-600D-1A2>

両モデルとも文字板はブラックだが、「3D Global Dial」(*後述)がブルーのモデル(型番:EQB-600D-1A2)とブラックのモデル(型番:EQB-600D-1A)に分かれる。メーカー希望小売価格は50,000円(税抜)で、発売日は5月14日の予定。

<▲図:左から順にEQB-600D-1A2、EQB-600D-1A>

EQB-600Dは地球をモチーフにしたドーム型立体インダイアル「3D Global Dial」を採用した点が大きな特徴で、ワールドタイム機能を目で見て楽しむことができる。そして、その部分のカラーが2色用意されている。

<▲図:3D Globe Dial>

「3D Global Dial」は、8時側のインダイアルで設定したワールドタイムの時刻と連動し、地球が自転するように24時間かけて一周するギミックを備えている。インダイアル上のカーブ形状の針は、ワールドタイムの都市のタイムゾーンを指し示し、針が上半分に位置する時は18時から6時の夜間、下半分では6時から18時の日中を表現している。

また、スマートフォンとの連携機能である「スマートフォンリンク機能」をさらに進化させた新開発の時刻取得システム「Accurate Time System」を利用できる。この機能はEQB-600Dと連携するスマートフォン用アプリ「CASIO WATCH+」に実装されている。

ネット上で時刻情報を提供するタイムサーバーにアクセスし、独自のデータベースと照合することで、現在位置におけるタイムゾーン情報とサマータイム情報を抽出し、精度の高い時刻を取得できるという。

サイズは約51.9×47.3×13.3mmで、重さは約170g、防水性は10気圧防水に対応、スマートフォンとの連携はBluetooth Smartで行い、通信可能距離は約2mまで、電源は「タフソーラー」(ソーラー充電システム)を採用している。

【情報元、参考リンク】
カシオ計算機/プレスリリース
Amazon/EQB-600D検索ページ
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑