ソフトバンク、4月から1GBのデータ定額パックを提供。余りの繰越なし、月月割が一部機種のみなどに注意が必要

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクは25日、4月1日から料金プラン「スマ放題ライト」「スマ放題」において、月額2,900円で月間1GBまでの高速データ通信ができるデータ定額パック「データ定額パック・小容量(1)」の提供を開始することを改めて明らかにした。

最小の料金プラン構成をすると、「スマ放題ライト」が月額1,700円、「S!ベーシックパック」が月額300円、「データ定額パック・小容量(1)」が月額2,900円なので、合計で4,900円での運用が可能となる。

1GBのデータ定額パックはNTTドコモとau(KDDI/沖縄セルラー)も提供するため、3社共通の動きとなるが、あまりデータ通信を行わない方にとっては新たな選択肢の一つとなり、魅力を感じるかもしれない。

月間のデータ量が1GBを超えた場合、月末まで通信速度に制限がかかり、最大で上下128kbpsとなる。速度制限を解除したいときは、追加データを1GBあたり1,000円で購入すれば解除できる。

しかし、一見安くなってメリットを持つプランに感じるが、注意事項が2点ある。

一つは、データ量が余ったとしても翌月に繰り越すことができない点。もともと大容量のデータ通信を行わない方向けのプランなので、毎月1GBで十分かもしれないが、余りを繰り越せないのは、少々残念に感じる。

また、携帯電話端末を購入した時に、月々の通信費から割り引いてくれる「月月割」を適用できる機種が一部に制限されてしまう。Androidタブレット、iPad、そしてAndroidガラケー(4Gケータイ)のみになるようだ。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンク/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑