グリムノーツが1000万DLを目指そうキャンペーンを開始!詩晶石500個&総額1000万円分のギフトカード贈呈など

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
スクウェア・エニックスは1日、スマートフォン(Android/iOS)向けの新作RPG「グリムノーツ」において、「1000万ダウンロードを目指そうキャンペーン」を開始した。このキャンペーンは15日23時59分まで行われ、それまでの間に1000万ダウンロード突破を達成できれば、プレイヤーにはゲーム内アイテムの「詩晶石」が500個プレゼントされる。


さらに、期間中に1000万ダウンロードを突破した場合、総額1,000万円分のGoogle PlayギフトカードやiTunes Cardがプレゼントされるキャンペーンも実施される。


グリムノーツは1月21日にリリースされた完全新規IPで、童話の世界を旅するアクションRPGだ。「スタミナ」制を採用していないため、時間を気にせずいくらでもプレイし放題、という点も併せて話題を集め、一気にダウンロード数を伸ばしてきた驚異的なタイトルだ。



わずか2日で100万、3日で200万、1週間で300万と、あっと言う間にダウンロード数が100万単位で伸び、約1ヶ月で600万に達した。現在は700万ダウンロードを突破したところで、750万や800万に向けた段階(*本記事公開時には800万を突破している可能性もある)。

今回のキャンペーンでは、800万ダウンロード突破で「詩晶石」が100個、900万ダウンロード突破でさらに100個(合計200個)、そして1000万ダウンロードでさらに300個(合計500個)プレゼントされる。

「詩晶石」は「ガチャ」だけでなく、「箱庭の王国」というモードでも使えるので多ければ多いほどいい。各種施設を「改築」する際に素材が不足していても「詩晶石」があれば改築できてしまうので、序盤で一気に施設を作り、改築すればラクができる。

<▲図:「箱庭の王国」。一見本格的な箱庭シミュレーションに見えるかもしれないが、実はシンプル。ただ、筆者の場合、配置レイアウトを間違えてスペースを無駄にしたので、エリア拡張後に再配置する予定>


この「箱庭の王国」というモードでは素材を生み出してくれる施設やヒーローキャラクターのレベル上げができる訓練施設、「詩晶石」を得られる採掘場などを作ることができるので、ゲームを進める上では非常に重要だ。

グリムノーツでは普通にストーリークエストを進めるだけでもある程度の数の「詩晶石」を入手できるが、キャンペーンで500個貰えるとなると大きい。

先ほど、グリムノーツでは童話の世界を旅する、と紹介したが、実際に「シンデレラ」や「赤ずきん」など、世界的な童話の舞台で戦っていく。詳しい説明はこちらの記事を参照してほしいが、おかしくなってしまった童話の世界を元に戻すのがプレイヤーキャラクターたちの目的だ。


プレイヤーキャラクターたちは童話の世界のヒーローたちに変身して戦うことができ、そのヒーローをガチャで入手できたりもする。


また、マルチプレイモードなども楽しめる。


筆者は現在ランク34で、ヒーローのレベルは40で止まり、進化素材の入手待ちという段階だが、ここまで飽きずに続いている。戦闘はアクションRPGとはいえシンプルで遊びやすい。逆に戦闘はやや単調な部分もあるが、ちょうどいいのかもしれないとも思う。いずれにしても、グリムノーツは敷居が低く、分かりやすいRPGで、基本部分がよくできている。

料金体系は基本プレイ無料のアイテム課金制。アプリは下のリンク先からダウンロードできる。




【情報元、参考リンク】
「グリムノーツ」公式サイト

© 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑