フジテレビがゲーム事業を担う新会社フジゲームスを設立へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
フジ・メディア・ホールディングスとフジテレビジョン(以下、フジテレビ)は15日、ゲーム事業について簡易新設分割による分社化を行い、4月1日付で「株式会社フジゲームス」(以下、フジゲームス)を設立すると発表した。

<▲図:「誰ガ為のアルケミスト」はFuji&gumi Gamesの作品>

フジテレビのゲーム事業はゲーム&インキュベーション事業部、フジ・スタートアップ・ベンチャーズとgumiの合弁会社であるFuji&gumi Gamesが中核を担ってきた。Fuji&gumi Gamesのタイトルとしては「ファントム オブ キル」「誰ガ為のアルケミスト」などが知られている。

さらに、今後は「シノビナイトメア」のリリースが控えている。

「誰ガ為のアルケミスト」は1月にリリースされたばかりなので、タイトル名をご存知の方もいると思う。また、フジテレビのゲーム&インキュベーション事業部では、スマートフォン向けゲーム「ダービーロード presented by みんなのKEIBA」や「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪横丁」「テルマエ・ロマエ ガチャ」などのPCゲームも手がけてきた。

ゲーム事業はこのようにFuji&gumi Games、フジテレビのゲーム&インキュベーション事業部と、2つのラインで取り組んでいる形となるが、今後さらなる成長を実現するために、ゲーム事業を統括する新会社を設立することを決めた、ということだ。

新会社フジゲームスはフジテレビの100%子会社として設立されるが、気になるのはFuji&gumi Games。フジ・メディア・ホールディングスが保有するFuji&gumi Gamesの全株式はフジゲームスが取得し、子会社とする形となり、フジゲームスがフジテレビグループのゲーム事業全体を統括していくことになる。

フジゲームスの代表取締役社長には種田慶朗氏が就任する。種田氏は現在フジテレビ ゲーム&インキュベーション事業部長兼Fuji&gumi Gamesの代表取締役社長を務めており、今後もゲーム事業を率いていく。

フジゲームスではスマートフォン及びPC向けのゲームの企画・運営・プロデュース、フジテレビのゲーム事業、Fuji&gumi Gamesの運営統括を行っていく。


【情報元、参考リンク】
フジテレビジョン/プレスリリース(PDF)
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑