dTVの会員数が500万を突破!国内の動画配信サービスで最大のユーザー数

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
エイベックス通信放送は28日、NTTドコモ(以下、ドコモ)の「dマーケット」で提供中の映像配信サービス「dTV」の会員数が27日時点で500万人を突破したと発表した。国内でサービス展開されている動画配信サービスの中で会員数が500万人を超えているのはdTVだけで、国内最大のユーザー数を誇るサービスとなっている。

<▲図:4月9日配信予定の「アイアムアヒーロー はじまりの日」>

dTVはドコモの回線契約がない方でも利用できるサービスだが、主なユーザーはやはりドコモユーザー。ドコモユーザーの場合、スマートフォンやタブレットの購入時にセットで加入するパターンが多いと見られ、サービス開始からしばらくの間は一気に会員数を増やした。

しかし、さすがに400万契約を突破してからは伸びが鈍り、意外と500万突破までに時間が掛かった印象だ。実際、会員数の推移は下記の通りで、400万突破から500万までには約3年という期間を要している。
  • 2011年11月18日:サービス開始
  • 2012年4月24日:100万人突破
  • 2012年7月21日:200万人突破
  • 2012年11月25日:300万人突破
  • 2013年3月15日:400万人突破

ドコモユーザーの加入はある程度一巡した印象で、今はドコモの回線契約を持たない一般ユーザーの獲得に向かうステップに入っているのだろうが、「dTV=ドコモのサービス」というイメージも強く、難しさがありそうだ。しかし、エイベックス通信放送によれば、昨年4月に行われた「dビデオ」から「dTV」へのリニューアル後、ドコモの回線契約を持たない方の加入が急増したということだ。

dTVの競合サービスは「Hulu」や「Netflix」になるが、どちらかというと、Huluがより直接的なライバルだと言えそうだ。Netflixはオリジナル作品や4K解像度などを売りにしている部分が強く、ラインナップ数は少ない。一方、Huluはラインナップの幅と数が多く、それはdTVも同様だ。そして、両サービスで被っている作品も多い。

それでいてdTVは月額500円と安く、さらには昨春のリニューアル以降、コンテンツの強化に取り組み、オリジナル作品の配信や4Kコンテンツの配信、落語や演劇・舞台作品など様々なコンテンツを導入している。そのため、お世辞抜きに魅力あるサービスへと進化している。dマーケットのサービスでは雑誌の定額読み放題サービス「dマガジン」もお世辞抜きでオススメのサービスだ。

400万突破から3年が掛かったことや、Huluが長い年月をかけて100万人突破にこぎつけたことを考えると、今後の伸びも緩やかかもしれないが、今後の進化にも期待したいところだ。特に、コンテンツの強化、同時登録できるデバイスの数の拡大などは一ユーザーの要望としても期待したい点だ。

【情報元、参考リンク】
dTV
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑