ビッグローブが1.6インチ画面搭載小型Android端末「BL-01」を発表。企業向けに提供開始

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ビッグローブは2日、約1.6インチのディスプレイやGPSや加速度センサーなどを搭載し、Androidスマートフォンとしても使うことができる小型のIoTデバイス「BL-01」の企業向け開発キットを同日より提供開始すると発表した。


BL-01はAndroid 4.4.2と約1.6インチ・解像度220×176ドットの液晶ディスプレイを搭載するAndroid端末で、単独で通信を行えるスマートフォンとして使えるほか、各種センサーを活かしたIoTのゲートウェイ端末、腕時計やネックレス型のアクセサリーと組み合わせることでウェアラブル端末としても活用できる。

ボディサイズは約41.0×47.0×15.6mmで、重さは約36g。小型軽量なので、確かにウェアラブル端末としての活用も可能だ。

主なスペックを確認すると、メモリは512MB、ストレージは4GB、マイクとスピーカーを搭載し、バイブレーション、GPS、3軸加速度センサー、Bluetooth 4.0、Wi-Fi(IEEE802.11b/g準拠)、3G(2.1GHz)にも対応する。

まさに小さなAndroidスマホといった感じで、バッテリー容量は620mAhで、防水(IPX5/7相当)・防塵仕様でもある。

ビッグローブはこのBL-01の企業向け開発キットの提供を開始したが、Googleの標準SDKに対応しているので、一般的なAndroidアプリの開発環境さえあれば、各社・各開発者はBL-01向けのアプリの製作も可能となっている。

開発キットの販売価格は35,000円(税抜)。同社はBL-01を採用した企業のソリューション開発サポートも行うという。

すでにBL-01の導入事例もある。

第一弾として、福島県会津若松市の「路面情報等のオープンデータ活用実証実験」で採用されたという。舗装路面管理ソリューションを提供するバンプレコーダー社とビッグローブが協業し、会津若松市の道路パトロール車を含む公用車や民間のバスなど10台にBL-01を設置する予定で、エンジンがかかると自動的に電源が入り、走行中に道路の舗装状況をBL-01の加速度センサーで検知する。エンジンを停止すると異常箇所のGPS情報を含めた走行データが自動的にサーバに送信されるという。

<▲図:会津若松市「舗装路面情報管理オープンデータ活用実証実験」>

【情報元、参考リンク】
ビッグローブ/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑