Acer、子供向けのキッズセンター機能も搭載したタブレット「Iconia One 8」を3月18日に発売へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
日本エイサーは16日、ペアレンタルコントロール機能など子供が安全に使えるように機能を簡略化したモード「キッズセンター」を搭載するAndroidタブレット「Iconia One 8」(B1-850)を18日より販売開始すると発表した。

<▲図:Iconia One 8>

もちろんキッズセンターを使わずに普通のUIのAndroidタブレットとして使うこともでき、OSはAndroid 5.1だ。

画面サイズは約8インチで解像度は1280×800ドットのIPS液晶。解像度は低いがエントリークラスのモデルで、キッズ向けにも使える製品と考えれば十分だろう。

ブルーライトを2段階で軽減するための「Acer BluelightShield」という機能も搭載する。

ハードウェアのスペックは、OSが前述の通りAndroid 5.1、プロセッサはMediaTekのMT8163クアッドコア1.3GHz、メモリは1GB RAM、16GB ROMと、RAMが少ないのはやや気がかりではあるが、それほど重い処理をしなければ何とかなりそうだ。Wi-FiはIEEE802.11a/b/g/n準拠で、Bluetooth 4.0もサポートする。バッテリー容量は4,600mAhで、連続駆動時間は動画再生でいった場合、最大9時間の視聴が可能というレベルだ。

本体サイズは約126.3×210.7×9.5mmで、重さは約340g。

冒頭でも簡単に述べたように、大きな特徴は「キッズセンター」の搭載。Webサイトへのアクセス制限、端末の使用時間制限などの制限設定を保護者が行うことができるペアレンタルコントロール機能を搭載することはもちろん、アプリの追加インストールをパスワードで防ぐこともできる。また、インターフェース自体、子供向けのデザインが用意されているので、子供向けタブレットにしてしまうことができる。

<▲図:キッズセンターのイメージ>

想定実売価格は2万円前後とされるが、Amazon.co.jpでの実売価格は21,384円となっている。まとめ買いで10%オフのキャンペーンの対象商品になっているので、指定のBluetoothマウスやキーボードなどとセットで購入するとお得になる。



【情報元、参考リンク】
日本エイサー/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑