WiMAX 2+の下り最大220Mbps対応・au 4G LTE対応の新ルーター「Speed Wi-Fi NEXT W02」発表

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
UQコミュニケーションズは15日、WiMAX 2+対応モバイルWi-Fiルーターの新製品「Speed Wi-Fi NEXT W02」(ファーウェイ・ジャパン製、以下W02)を19日よりUQオンラインショップやMVNO各社で順次販売開始すると発表した。


W02は「Speed Wi-Fi NEXT W01」の後継機にあたり、対応する通信ネットワークは同じくWiMAX 2+とau 4G LTE。ただし、au 4G LTEは利用月のみ1,005円が課金されるオプション扱い。通信モードを「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替えることで利用できる。

旧機種のW01の完成度も十分高かったと思うが、W02では省電力機能が拡充された。W02ではキャリアアグリゲーションと呼ばれる技術で下り最大220Mbpsに対応している。キャリアアグリゲーションとは、複数の周波数帯で同時に通信を行うことで速度を向上させる技術で、WiMAX 2+の下り最大220Mbpsのサービスでは、2つの周波数帯で同時通信を行い、110Mbpsの2倍となる220Mbpsに対応させている。


このキャリアアグリゲーションのオン/オフがバッテリー残量によって自動的に切り替わる設定が可能になっている。バッテリーが減ると自動的にキャリアアグリゲーションがオフになり、バッテリー残量が増えるとオンになる、という設定が可能だ。

これは「パフォーマンス設定」で「ノーマル」を選ぶと利用できる。

さらに、「Speed Wi-Fi NEXT WX02」と同様に通信量カウンター表示に直近3日間でのデータ量表示が追加されている。直近3日間でのデータ量を手軽にチェックできるようになるので便利だ。


ボディサイズは約121×59×11.1mmで、重さは約119g。バッテリー容量は2,300mAh、Wi-FiはIEEE802.11ac/n/a(5GHz)、11n/g/b(2.4GHz)準拠で、同時接続可能なWi-Fi機器の台数は10台まで。連続通信時間はパフォーマンス設定によって異なり、ハイパフォーマンス設定時はWiMAX 2+での通信で約390分、LTEで約440分、ノーマル設定ではWiMAX 2+で約420分、LTEでは約440分だ。

連続待受時間は標準設定で約760時間、クイックアクセスモード設定で約35時間。

なお、ソネットとGMOとくとくBBではすでにW02の取り扱いが始まっている。ソネットでは最大27,000円のキャッシュバック&「カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティ」2年間(12,000円相当)無料という特典、GMOとくとくBBでは最大31,950円キャッシュバックやAndroidタブレット「ASUS ZenPad 7.0」付きやWindowsタブレット「ASUS Transbook T90Chi」付きなどのキャンペーンが実施されている。詳しくはこちらの記事を参照してほしい。

UQ WiMAXオンラインショップ
So-net モバイル WiMAX
GMOとくとくBB WiMAX2+/キャッシュバック企画
GMOとくとくBB WiMAX2+/Transbook T90Chi企画
GMOとくとくBB WiMAX2+/月額2,760円~の鬼安キャンペーン
BIGLOBE WiMAX 2+


【情報元、参考リンク】
UQコミュニケーションズ/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑