新型のChromecastとChromecast Audio発売

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
Google(グーグル)は18日、新型の「Chromecast」と音楽を楽しむための機器「Chromecast Audio」を日本でも販売開始した。店舗販売から開始され、同社が運営するGoogleストアでは19日に発売となる予定。

<▲図:新型Chromecast)

Chromecastはテレビに繋いで各社の動画配信サービスなどを楽しめる機器で、新型ではデザインが大きく変わった。

スティック形状だった旧モデルに慣れた目からするとChromecastには見えないデザインで、HDMIケーブルは脱着できず本体からそのまま伸びている。ただし、フラットケーブルを折り曲げて本体にコネクタ部をくっつけることもできる。



旧モデルはケーブル部分がなく、本体からコネクタが出ている形状だったので、テレビの形状によってはボディが干渉することもあったが、新型ではコネクタとボディがケーブルによって離れているのでその心配がない。


また、今回の新型ではWi-FiでIEEE802.11ac、5GHz帯に対応した。これにより、家に設置しているWi-Fiルーター(Wi-Fi親機)も11acに対応している場合、従来よりも速いWi-Fi通信が可能となる。

カラーバリエーションは3色。


購入可能な店舗は家電量販店始め多いが、KDDI/沖縄セルラーも扱う。例えば、auではChromecastと動画見放題サービス「ビデオパス」の90日間分がセットで4,150円(送料無料)で提供される。Chromecastの価格が4,612円、ビデオパス90日分が1,424円相当なので、約2000円お得になる。販売されるのは「au WALLET Market powered by LUXA」。
au WALLET Market powered by LUXA/新型Chromecastのページ

一方、Chromecast Audioは映像ではなく音楽を楽しむための機器。オーディオケーブルでスピーカーと繋いで使う。Chromecast Audioとスマートフォン/タブレット/PC等をWi-Fiで繋ぎ、音楽をChromecast Audioに飛ばし、接続したスピーカーから聴くことができる。

<▲図:Chromecast Audio>

【情報元、参考リンク】
Chromecast公式サイト
Amazon/Chromecast検索ページ
Amazon/Chromecast Audio検索ページ
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑