NEC、携帯電話事業のNECモバイルを3月24日に解散。NEC本体で事業を引き継ぐ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
日本電気(以下、NEC)は29日、連結子会社であるNECモバイルコミュニケーションズ(以下、NECモバイル)を解散し、同社に対する債権を放棄することを同日開催された取締役会で決議したと発表した。

解散は3月24日付で行われる予定で、同社が扱っていた携帯電話事業はNEC本体に譲渡する。

NECモバイルの事業をNEC本体が引き継ぐことは昨年12月25日の時点で明らかにされていたので、新たなニュースというわけではないが、携帯電話市場においては、また一つのターニングポイントだ。

NECモバイルの従業員数は約30名で、2014年度実績での端末の出荷台数は約75万台。

NECの携帯電話、スマートフォンといえば、NECとカシオ計算機、日立製作所の3社が共同して設立したNECカシオモバイルコミュニケーションズの頃の「MEDIAS」シリーズなどの製品を覚えている方も多いと思うが、その後、同社はスマートフォンの新規開発を止め、NECの子会社として新たに出直す形となり、フィーチャーフォンの開発とサポートを行っていた。

しかし、今後はNEC本体が事業を引き継ぎ、運営の効率化を図っていく。

【情報元、参考リンク】
日本電気/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑