格安タブレット「Lenovo TAB2」がワイモバイルからも販売へ。3月中旬以降に登場

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクとウィルコム沖縄は9日、「Y!mobile(ワイモバイル)」の新製品としてLenovo製のAndroidタブレット「Lenovo TAB2」を3月中旬以降に発売すると発表した。

<図:Lenovo TAB2>

Lenovo TAB2は「SoftBank(ソフトバンク)」の製品として昨年11月27日に発売になったタブレットだが、改めてワイモバイルからも販売されることになった。本体価格は35,280円だが、ソフトバンクでは月々の通信費から割り引く「月月割」を適用することで実質負担額は0円だった。

ワイモバイルでも同様に実質0円等の格安タブレットとして販売されるものと見られる。

Lenovo TAB2は、ディスプレイのサイズは約8インチで解像度は1,280×800ドット。画像処理エンジン「MiraVision」によって明るくコントラストの高い表示を実現した、とされているが、実際に見るとやはりフルHD解像度のディスプレイと比べると精細ではないし、表示クオリティはそれほど高くない。とはいえ、コストとのバランスでみれば十分だろう。


CPUはクアッドコアで、メモリは2GB RAM、8GB ROM。ROMが少ないので大量にアプリをインストールできないので、ゲームを多くプレイしたい、というユーザーには向かない。写真や動画などはmicroSDカードに入れるなどして、ある程度の工夫が必要だ。しかし、あまりアプリを入れないユーザーであれば問題ないだろう。

ネットワークではSoftBank 4GとSoftBank 4G LTEにも対応する。

低価格端末ながら一つ大きな特徴がある。それは5.1chバーチャルサラウンドへの対応だ。オーディオ端子経由で音を聞く場合、バーチャルサラウンドを楽しめるようになっているので、動画視聴などには向いている。

Androidタブレットでのバーチャルサラウンドといえば、「ASUS ZenPad」シリーズが「DTS」、AmazonのFireタブレットシリーズが「Dolby」対応でいずれも良い音を出してくれるが、Lenovo TAB2も悪くない音を出す。

本体サイズは約212.3×125.5×9.3mm、重さ約353g。

ウェブサイト閲覧や動画視聴機と割り切ったり、サブ端末として使ったり、子供向け、シニア向けタブレットとしては安価で悪くない製品の一つだ。

【情報元、参考リンク】
(レポート)実質0円のエントリー向け8インチタブレット「Lenovo TAB2」。バーチャル5.1chサラウンド対応
ソフトバンクオンラインショップ/Lenovo TAB2製品ページ
Y!mobileオンラインストア
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 2 件
  1. 匿名

    ROM?

    2016年2月9日 23:34
  2. RAM!

    2016年2月10日 11:42

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑