格安SIMのIIJmioがファミリーシェアプランのSIMカード提供枚数を3枚から最大10枚に拡大へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は25日、MVNOサービス「IIJmio 高速モバイル/Dサービス」(以下、IIJmio)のファミリーシェアプランにおいて、利用可能なSIMカードの枚数を最大3枚から最大10枚に改定し、3月1日より提供開始すると発表した。

<▲図:ファミリーシェアプランの利用料金(*クリックして拡大)>

IIJmioはNTTドコモ(以下、ドコモ)の回線インフラを使ったMVNOサービス。いわゆる「格安SIM/スマホサービス」で、市場シェアは高く現在は2番手につけている。

今回内容が改定されるファミリーシェアプランでは、10GBの高速データ通信量(バンドルクーポン)を複数のSIMカードで共有することができる。もちろん、一人で複数枚のSIMカードを複数台の端末で使ってもいいし、実際に家族複数人で使ってもいい。

現行のサービス内容では一つの契約で最大3枚のSIMカードを利用することが可能となっているが、3月1日以降は最大10枚までの利用ができるようになる。

4枚目以降のSIMカードの発行は、ファミリーシェアプランの利用が実際に開始されてからとなり、1枚につき月額400円の追加料金が発生する。また、SIMカードを追加する場合は、通常1枚につき2,000円の手数料がかかる。

ファミリーシェアプランの料金は、初期投資がパッケージ代の3,000円。そして、月々の通信費はデータ通信専用だと2,560円、SMS付きだと2,700円から、音声通話付きだと3,260円から、となっている。

また、同社は3月1日からキャンペーンも実施する。

このキャンペーンは4月30日まで行われ、SIMカードを追加する際に発生する手数料が通常1枚2,000円のところ1,000円割引され、1,000円になる。さらに、ファミリーシェアプランにおいて、1契約で5枚以上のSIMカードを使っている方全員を対象に、追加した翌月から3ヶ月間、SIMの枚数に応じたボーナスクーポンがプレゼントされる。

SIMカードが5枚から9枚の場合は2GBが増量され、月間のデータ通信量が10+2=12GBになる。SIMカードが10枚の場合は5GBが増量され、合計15GBになる。

【情報元、参考リンク】
IIJmio
IIJ/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑