ソニーがスマホ向け新型センサーを発表。1/2.6型で2250万画素。動画向け3軸電子手ブレ補正、0.03秒のハイブリッドオートフォーカス搭載

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソニーは16日、スマートフォン等向けのイメージセンサー「Exmor RS」の新型「IMX318」を商品化したと発表した。量産出荷時期は5月の予定。サンプル価格は2,000円。

<▲図:IMX318>

今や各社のスマートフォンがソニーのイメージセンサーを採用する状況だけに、どのメーカーのスマートフォンのユーザーにとってもソニーのセンサー技術のニュースは重要な話題の一つだ。

今回開発されたIMX318は1/2.6型で、有効画素数2250万画素だ。最速0.03秒の高速ハイブリッドオートフォーカスと動画向け3軸電子手ブレ補正機能を搭載する。

1.12μmの単位画素を採用した1/2.4型の従来製品「IMX230」から進化した製品で、席層構造及び業界最小となる1.0μm単位画素を採用し、薄型のスマートフォンへの搭載も可能な1/2.6型サイズで有効画素数2250万画素を実現している。

IMX230よりも小型化されたわけだが、画質は同等レベルの維持が実現できたという。本来センサーは大きな方がいいが、スマートフォンのボディの薄型化も進んでいるため、より小型のセンサーのニーズも大きい。しかし、当然ながら画質で妥協はしたくない。

IMX318はそれを実現するセンサーで、光の利用効率を高める製造技術と、画質劣化の原因となるノイズを低減する回路設計技術を駆使しているという。

<▲図:従来商品『IMX230』(左図、単位画素1.12μm)と同等レベルの画質の維持を実現した『IMX318』(右図、単位画素1.0μm)>

さらにハイブリッドオートフォーカスと3軸電子手ブレ補正がセンサーに内蔵された。従来はアプリケーションプロセッサとの組み合わせで実現していた像面位相差AFとコントラストAFの組み合わせによるハイブリッドAFをセンサー内部の信号処理回路に内蔵している。これは業界初とのこと。



<▲図:ハイブリッドAFの場合 速度0.03秒(AFピントが合うまで)>

同じく手振れ補正もセンサー内部の信号処理回路に業界初で内蔵されている。

外部から入力された3軸(角度ブレ:ビッチ/ヨー、開店ブレ:ロール)ジャイロセンサーの信号を効果的に活用することで、手ブレの少ない4K動画の撮影が可能になるという。



また、手ブレが少ない動画を撮影できるため、スマートフォンだけでなく、ブレが生じやすい空中撮影用のドローンなどにも向いている。

【情報元、参考リンク】
ソニー/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑